2010年2月23日火曜日

ソーシャルビジネスとは

ソーシャルビジネスとは、
社会問題解決を目的としたビジネスである。


twitterで掘義人さんの「社会起業家vs起業家」というオピニオンがあげられていました。

http://blog.globis.co.jp/hori/2010/02/vs-37e6.html

それに、対してフローレンスの駒崎さんがtwitter上で反論。

社会起業家と起業家を同質には出来ない。社会に生きる以上、社会性を排除できないのは当たり前。
社会起業家は社会問題解決を存在意義とする。みたいな!やし

駒崎さんは、確か元ITベンチャーの経営者。その経験もあってか、ソーシャルビジネス界では先駆者的な存在。
大学もソーシャルビジネスを多く生み出しているSFC。

やり取りが面白かったなーー

グロービズには私的にかなり関心がある。
しかも、意外と近いよね←


ソーシャルビジネス界は、競争意識が薄いように思える。
2400億という市場規模に甘んじているのはそのせいであろう。
昨年か一昨年か経済産業省が出したソーシャルビジネスに関するレポート。
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g70925aj.html
これによれば、来年に2.2兆円規模に拡大するという。
しかし、この予測に現場レベルがついてこれるのだろうか。
社会はそれほどまでに、社会起業に関心を抱いているのだろうか。

確かに、僕の周りには「社会起業」という言葉に関心を持つ学生は沢山いる。
けれども、僕を含め同世代が成長するにはちょー早くて5年、遅くて20年かかるのではないのでしょうか。
中には、すんごい頭がキレる人も沢山いるし!
まあ、ワクワクする市場であることに変わりはない。

あと、社会問題は不滅なのだろうか。
人はほとんどが利己的だから、自我と自我の衝突や文明の衝突から考えてもあるか・・・。
身近にもいっぱいあるし。

ただ、社会問題と社会のニーズの差って結構曖昧なのかも。
社会から地域問題に移ればコミュニティビジネス(CB)といわれるけど、
地域問題と社会問題の相違点って?
いや、社会問題の中の地域問題だから、SBのニッチ市場ととらえる方がいいのか。


あーーーもう、頭痛いから考えるのやめた!←



ロジックとか気にしないでください!ww
つぶやきだと思ってください!!ww



まぁ、そんなことはどうでもよくて・・・・
でも興味ある人はNPOのバイト募集とかもしてるんで、是非お声をおかけくださいな!


ちょっとここんとこ病み気味だおおおおおおおおおおお



では!!

zenback

\