2010年4月25日日曜日

エロマンガの絵と画の間にはロマンがある。

twitterで拾った名言。


エロマンガ
絵ロマン画


ですね。



はい!←



中1の夏かいつかに、転校してきたばかりのS君が
「ふたりエ○チ」
というお決まりのエロマンガを持ってきて、
確か世田谷線の中で読んだのを覚えています。


いやー
あのドキドキ感はなんとも言えない時間でした。
表すなら「青春」とも言える時間だったのではないでしょうか。



そんなドキドキは今じゃもう味わえないですね・・・。←





さぁどうでもいいことはほどほどにして。
学生生活に迷いが生じています。

「英語」
「IT」
「会計」
はこれからビジネスマンが個人で戦うに求められるスキルだと思ってます。
よく言われていますが。

今のところ、
「英語」>「簿記」>「IT」
なのですが・・。

とはいえ、「IT」に関しては、プログラムが書けなくても、クラウド利用したりすれば何とかなるかなと思ってもいます。
簿記は、実践でなんとかなるかなと。
それからして、「英語」は学生中に身につけたい優先順位の高いものですね。


そんな話興味ねぇよってかた。
こちらのリンクへどうぞ。

http://www.ustream.tv/recorded/6375858#utm_campaign=twitter.com&utm_source=6375858&utm_medium=social


ハーバードでMBAを修めている堀さんは、
「数年以内に日本は財政破綻する。いや、した方が良い」
とtwitterで行っていました。

十年前くらいの韓国、今のギリシャ。
そして次は日本ですね。

日本は対外債務自体は多額ではないのですが、
マクロでは国への信頼ががた落ち、国債は買われなくなる。
ミクロでは企業の株価暴落。




孫さんが上記リンクの中で言ってました。
「今年の新入社員は『日本のGDPの成長というものを2年しか知らないんだ』。」

二年後はそう・・・僕らの世代ですね。
生きる日本人として、僕らの世代から「成長」ということを経験したことが一切ないのです。



1989年12月の日経平均はいくらだったと思いますか?

今は11000円くらい。


20000円?
30000円?




なんと大体、39000円くらいでした。

笑いですよねww


この危機意識は日本大学生全員が共有すべき問題なのは明白。
財政破綻すればリーマンショックどころではない。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100420/dms1004201618006-n2.htm
http://online.barrons.com/article/SB125392834154042883.html

ここあたりを見て、現実を直面してほしい。


だから、
堀さんも言うように「公務員=安定職」の構図は成り立たない。
財政破綻の影響を一番にくらうのは「公務員」だからです。
独立行政法人など国に依存しているところも、事業仕分けで予算がなければ運営が難しくなる。

国は、先祖が創りあげたもので、創り上げてきたものである。
国が僕らを創りあげてきたのではない。

確実に、僕らが生きているうちに乗り越えないといけない時期はやってくる。
その時までにいかに個人の力を高めていられるか、それが勝負です。


決して未来を悲観しているのではない。
それは、危機であり、チャンス。
近代現代日本は、明治維新、敗戦後の復興と乗り越えてきた。


言葉が適切ではないと思うが、ワクワクする。
僕は、同世代が徒党を組み、世界を相手に戦っていけると思ってる。
仲間外れにはされたくない。



だから、
G1学生サミット、学生政治団体立ち上げ
などアンチ社会的な風に思われてもどんどん実施していきたい。



今の80歳とか90歳が死ぬ気でしてきた努力を僕らがするんだ。
先人が出来て、僕らに出来ないはずない。



次世代の坂本龍馬、岩崎弥太郎
白州次郎や吉田茂(この組み合わせ好き←)
は誰がなるか。



死ぬときにこの時代を僕らはどうみるか。
100年後「日本没落の時代」または「日本再復興の時代」と呼ばれるか。



いずれにせよ



ここは、変革の時ぜよ!←




絵と画の間にロマンがある。




僕は、エロマンガの主人公になりたいんだ。←

zenback

\