2010年9月21日火曜日

バングラデシュ 1日目

8月15~24日まで、
うのあんいっちとHIS共催でバングラデシュへスタディツアーを実行してきました。

バングラデシュのまとめを数記事に渡って掲載していきたいと思います。


【1日目】

いざ、出発前日。

出発前日から緊張と期待、遠足を前にした小学生のように僕はワクワクで眠れませんでした。
それどころか、インターンの友達と飲んでいました(笑)

成田。

時刻は、8時。
集合時間よりも1時間早く到着しました。
今回は、このツアーのリーダーです。半分は、主催者側としてのツアーです。
今思ってもそれが僕にプレッシャーとなっていたのでしょう。

総勢、18名。うち、社会人1名。

9時。
9時30分頃に問題なく全員そろい、挨拶をすませました。

これが、うのあんいっちツアーの旗(笑)




ダッカまでは、香港を経由していきます。
出国手続きをすませ、いよいよ出国。



もう、ワクワクが止まりませんでした(笑)

機内ではみな爆睡し、香港では大富豪で盛り上がり、そしてついに・・・

ダッカ到着。



僕らがダッカに到着したのは、夜の20時過ぎ。
色々な手続きに予想以上に手間取り、21時30分頃にHISの方と合流できたと思います。
そこからバスに乗り換え、走り始めました。
時刻は22時頃なのにも関わらず、街には人が大勢いました。
グラミン銀行でインターンをしている三好大助さんが
「バングラデシュの人の多さは、どこも渋谷のイメージ。」
と言っていましたが、本当にその通りでした。

バングラデシュのイメージはとにかく、「人」です。

そして、街並みは「貧困」と言われるようなものではありませんでした。
確かに、日本よりは整備されていない。
けど、物乞いが溢れるわけでも、ゴミがそこら中に溢れている訳でもありません。

「あれ?」

暗いから良く見えなかったのですが、僕の中でバングラデシュのイメージは変容していました。


⇒ここらで、2日目へ。

zenback

\