2010年11月19日金曜日

[国際協力] ドキュメンタリー映像上映会@三田祭のお知らせ

国際協力MLの皆様、
 
はじめまして、
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターのプロジェクトの1つ、
CAP (Community AIDS Project ) に所属する、山本詩織といいます。
 
直前の告知となってしまいましたが、上映会の宣伝をさせてください。
 
CAPに所属する大学生5名は、今年の夏、フィリピンへ2週間渡航しました。
その際に撮影した映像で、ドキュメンタリーを作成し、
今週の日曜日(11月21日)に慶應義塾大学の大学祭(三田祭)で上映会を行います。
 
もしお時間がありましたら、ぜひお越しください♪
 
以下詳細です。
 
------------------------------------------------

<三田祭>CAP2010上映会
〜なえてるなう。フィリピンうぃる。〜

大学生によるドキュメンタリー映像
×ワセコレ廣戸歩美さん

◇11月21日(日)
◇慶応義塾大学 三田キャンパス西校舎532教室
◇14時30分開場/15:00〜16:10
◇ゲスト:ワセダコレクション ファイナリスト 廣戸歩美さん

映像のタイトルは「なえてるなう。フィリピンうぃる。」。
そう!ツイッターを使った、「なえてる」4人の大学生がフィリピンに行くドキュメンタリー。
深刻だけど、おもしろい。
真剣だけど、おもしろい。
笑いに来てください!

ゲストには、ワセダコレクション(ワセコレ)ファイナリスト廣戸歩美さん!
廣戸さんにも映像コメントをいただき、対談を予定しております!

あなたから、廣戸さんに質問をぶつけてみませんか?
質問内容は問いません!
cap2010up@gmail.com
まで質問をメールしてください。



私達CAP(Community AIDS Project)は、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターに所属する団体です。

フィリピンをフィールドにしたドキュメンタリー映像を作る活動を、1人の教授のサポートのもと学生6人で行っています。

この夏はフィリピン国立大学の協力の元、
フィリピンの貧困地域で暮らす人々、
日本軍占領下での従軍慰安婦を経験された方々、
日本への労働移民経験のある女性、
それぞれからなる3つのコミュニティーに訪れてきました。

私達学生が感じ、考えたこと。

それらを映像化し、日本で上映することで、日本で暮らす人々に知ってもらいたい。

あなたに知ってもらうことで、フィリピンの人々も、あなたのことも、そして私達自身も、「エンパワー(力付ける)」出来ることを目指しています。

---------------------------------------------------
 
以上です。
ありがとうございました。
 
山本詩織

zenback

\