2010年12月3日金曜日

[国際協力] 【 12/19 @宮崎】第27回 国際協力ワークショップのお知らせ

国際協力ML をご覧の皆さま
 
 
お世話になっております。
連日の投稿、大変失礼いたします。
jaih-s運営委員の 堂より子(京都橘大学看護学部2年)です。
 
 
来る12月19日(日)宮崎大学清武キャンパスにて 
仲佐保先生(国立国際医療研究センター国際医療協力局)に 
「災害医療」と「国際保健(医師・看護の役割なども含む)」
についてご講演頂き、ワークショップを行います。 
 
国際保健や国際協力を勉強し始めたばかりの方、もっと 
「災害医療」について理解を深めたい方など、 
どんな方でも楽しめる内容となっております。 
大変貴重な機会となりますので、宮崎県や近隣にお住まいの方は 
ふるってご参加下さい。 
 
 
=(以下転送大歓迎)==================== 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
第27回国際協力ワークショップ〜誰にでもわかる国際保健〜 
=========================== 
〜宮崎から災害医療と国際保健を考える〜 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
協力:国立国際医療研究センター 
主催:jaih-s(日本国際保健医療学会学生部会) 
共催:宮崎大学国際保健医療研究会 
-------------------------------------------------- 
jaih-s(日本国際保健医療学会学生部会)は、国際保健医療 
に関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。 
国際保健医療分野の第一線でご活躍されている先生方のご協 
力の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う人材 
育成の場となるべく、活動をしています。 
-------------------------------------------------- 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
┃ ■概要 
┃ ■プログラム 
┃ ■企画内容 
┃ ■参加申し込みについて 
┃ ■お問い合わせ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
■概要 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
□日時   2010年12月19日(日)13:00〜17:00 
□場所   宮崎大学医学部キャンパス 講義棟301教室
□交通案内 
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/about/f_access.html
駐車場使用の関係もありますので
お車で来られる場合は事前にお知らせください。
□定員   30名(先着順) 
□参加費  500円 
□講師   仲佐 保 先生 (国立国際医療研究センター 国際医療協力局) 
□懇親会 費用は3000円程度。 
     参加自由。参加費は実費となります。 
■プログラム 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
13:00〜  イントロダクション
13:10〜  第1部 「国際保健医療とは(看護の役割など)」
       講義&グループワーク—死因を考えてみよう
13:40〜  第2部 「災害援助 — 総論」  講義
14:00〜  第3部 「国際災害救援シミュレーション」
       講義 グループワーク 発表
14:45〜           休憩
15:00〜  第3部 「国際災害救援シミュレーション」(続き)
       講義 グループワーク 発表
15:15〜  第4部 「災害とは—まとめ—」 講義
16:45〜  日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)の紹介
17:00   終了    
■企画内容 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
2008年、ミャンマーを巨大なサイクロンが襲い、
2009年、スマトラ沖地震、
2010年、ハイチの地震など近年大規模な自然災害が続いています。
災害の現場では被害者の治療に加え、水・食糧等が不足する中、
さらに深刻な問題も起きており、国際保健の重要な
テーマとなっています。
今回の国際協力WSはそんな「災害医療」と「国際保健
(医師・看護の役割なども含む)」に目を向けます。
あなたは緊急援助隊の一員です。アジアで地震が起きました。
何を準備しますか?何が出来ますか?どう行動しますか?
実際のパキスタンにおけるケースを使い、一緒に考えていきましょう!
本講座はいわゆる講義形式ではなく、ワークショップであり、
参加されるみなさんとの積極的なディスカッションを交えながら
進められる予定です。
また、国際協力・国際保健に興味をもつあらゆる方
(高校生、学部学生、大学院生、社会人など)を対象にしていますので、
どなたでもご参加いただけます。
■参加申し込みについて 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
参加ご希望の方は、【2010年12月12日(日)まで】に、 
下記のURLにアクセスに、そちらからお申し込み下さい。 
 http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?cat=1&eid=68
■お問い合わせ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
勉強会全体に関するお問い合わせは 
以下のアドレスにお願いします。 
knowledge☆jaih-s.net 
(☆を小文字の@に直してお送りください) 
______________________________________________________ 
jaih-sの活動に関する質問やご意見も随時お待ちしております。 
日本国際保健医療学会・学生部会窓口 
info☆jaih-s.net 
(☆を小文字の@に直してお送りください) 
______________________________________________________ 
jaih-sに関する詳細はこちらです。 
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/ 
学会ホームページ http://jaih.jp/ 
==================
堂 より子
Yoriko Takadono
京都橘大学看護学部看護学科2年
日本国際保健医療学会学生部会運営委員

E-mail:a500st1_k@yahoo.co.jp
==================

 
 


Learn more about HIV/AIDS - Red Ribbon Campaign 2010

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.com

zenback

\