2011年2月19日土曜日

[国際協力] Sweet Smile Art School 第4弾☆「オペラのゲネプロ鑑賞ツアー〜サロメ〜」

Sweet Smile Art School 第4弾☆「オペラのゲネプロ鑑賞ツアー〜サロメ〜」

≪オペラのゲネプロ鑑賞ツアー≫
興味はあるけどなかなか行く機会のないオペラですが、解説付きで見ることができますので、初心者の方でも安心して楽しむことができます☆
ゲネプロとは、衣装や舞台も本番同様のものを使用する最後の通し稽古のこと。まさにオペラの舞台裏の臨場感を楽しむことができるものになっています!!

今回の演目は「サロメ」。世界中の歌劇場のレパートリーとなっているリヒャルト・シュトラウスの代表作となっています☆

□日時:2月21日月曜日
□題目:「サロメ」
□主催:公益財団法人東京二期会
□場所:東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口前)
地図http://www.t-bunka.jp/access/index.html
□参加費:3000円(解説+チケット)
□当日プログラム
12:30— 受付開始
13:00—16:00 解説、オペラ鑑賞
16:00終了


≪ストーリー≫
紀元前後のエルサレム。領主ヘロデの宮殿で夜宴が催される。
美しい娘サロメは、義父ヘロデからの愛欲の視線をさけ、古井戸に幽閉される預言者ヨカナーンを誘惑するが、逆にヨカナーンから呪いの言葉を投げかけられる。
望みのものを何でも与えるからと踊りをせがむヘロデを前に、サロメは妖艶におどり、見返りとしてヨカナーンの首を所望する。と言うのが一般の『サロメ』のストーリー。
この19世紀末的退廃の物語を、コンヴィチュニーは現代に生きる私たちの世界として蘇らせる!

≪見どころ・聴きどころ≫
� 圧倒的に衝撃的な舞台
世 界中の歌劇場のレパートリーとなっているリヒャルト・シュトラウスの代表作「サロメ」。コンヴィチュニーはこの名作を、誰にも思いつかなかった形で再構築 していきます。その一例が、舞台を紀元前後のエルサレムの宮殿から現代の地下室に移し替えたこと。地下室という舞台は、政治的・経済的に逼迫した現代社会 の閉塞感を表現、そこで展開されるモラルのない性的に乱れた世界は現代社会の退廃した姿を映しだします。そして、最後にはこれまでどんな「サロメ」にも見 られなかった衝撃の結末が用意されています。その結末はぜひ劇場で、その目でお確かめください!
� 世界の3劇場による共同制作
コンヴィ チュニ—の「サロメ」はオランダのネザーランド・オペラ(2009年11月)、スウェーデンのエーテボリ・オペラ(2011年9月)との共同制作となりま す。世界水準のこの舞台が日本の東京で観られるのは今回だけ!また、ウィーンをはじめ世界中の歌劇場で活躍し、ネザーランド・オペラでも同作を指揮した シュテファン・ゾルテスを指揮者に迎え、東京都交響楽団と共に、リヒャルト・シュトラウスの圧倒的に美しい音楽を私たちに届けてくれることでしょう。
� 充実した歌手陣
東 京版「サロメ」には、現在の二期会の第一線で活躍する歌手が集結しています。タイトルロールのサロメ役は、「エフゲニー・オネーギン」で絶賛された大隅智 佳子が、歌唱力はもちろん、ヴィジュアル的にも魅力あるサロメを演じてくれることでしょう。他にもヘロデには「ティト」でタイトルロールを演じた片寄純 也、ヨカナーンに心境著しい友清崇など、他2劇とはひとあじ違うオランダでのプレミアからさらに深化を遂げる東京版「サロメ」を実現するにふさわしい人材 ぞろいといえます。

≪お申し込み方法≫
タイトルに「2月21日オペラのゲネプロ鑑賞ツアー」
氏名、性別、年齢、所属、ご連絡先をご明記の上こちらまでお送りください。
Mail:  info@mc-sweetsmile.org (担当:大友)
**********************************
氏名:
性別:
年齢:
所属:
電話;
メールアドレス;
**********************************
≪締切≫
2月20日正午締切

ご興味お持ちいただけた方はお早めにお申込みの程、よろしくお願い致します☆

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.com

zenback

\