2011年4月30日土曜日

[国際協力] 【FEST】開催中の写真展について! 

国際協力メーリスを受信されているみなさま

大変お世話になっております。学生国際協力団体 FEST代表の倉田です。

今日から開催中の、FEST第1回写真展の告知です。

FESTでは昨年10月と今年3月にフィリピンへ渡航し、
現地ニーズ調査を敢行しました。目的は、現地ニーズと支援のずれの解消です。

今回の写真展では、現地のフィリピン人にカメラを手渡し、
日常を撮影していただいています。

フィリピンの日常、例えば、

・朝食の様子
・子どもたちの間で流行っていること
・ホームパーティーの様子
・居住空間
・地域の祭り
・飲み会

など、ごくごく普通な生活を、フィリピンの皆さんがカメラを通して記録しています。
日本に居ながらにして、フィリピンの日常を垣間見ることができる、面白い写真展。

「現地が見た、現地」がキーワード。

あなたも東京で、
フィリピンの日常を現地目線で覗いてみませんか?


以下詳細です。

学生国際協力団体FEST第一回国内写真展

【Feel the world】〜レンズを通して見たフィリピン〜


「思うまま、撮ってきてください。」フィリピンで配ったインスタントカメラ。
現地人だからこそ撮れたリアルな日常が垣間見れます。
入場料は全額現地支援に充てさせていただきます。
是非、現地を覗いてみてください。

プロジェクトの詳細はこちらから。
http://fest-photowork.jimdo.com/


日時:2011年4月30日〜5月1日
11:00〜19:00(最終日は17:30まで)
場所:Orange Gallery
東京都豊島区西池袋1-9-11-103
http://www.e-tamaya.biz/og/

アクセスの詳細

JR池袋駅南口から1分
地下の南口改札を出て、右手メトロポリタン方面、ルミネ(メトロポリンプラザ)を目指して歩いてください。ルミネ入り口前の吹き抜けのエスカレーターで地上に出ると、メガネドラッグが正面に見えますので、その通り沿いを左方向に歩いてすぐです。

入場料は
学生300円
社会人500円
を一口とした募金形式です。

例えば学生の場合、
300円で入場し、写真展を楽しんでいただいた後、
FESTのプロジェクトに共感された方は募金を入れていただく形です。

今写真展の収益は全額、FESTの支援先、フィリピン・マボロ地区の現地支援に充てさせていただきます。
フォトワークプロジェクトの現地還元システムについては、会場でご説明しております!

FESTメンバー一同お待ちしております!

ご精読ありがとうございました。

--
●___________________________________________________●
学生国際協力団体 FEST (http://fest2010.jimdo.com/)
twitter:FESTmember

代表

日本大学法学部3年
倉田 拓人 (KURATA,Takuto)

E-mail: fis1-ye.s.t_i_hi.s.t-t.com-@docomo.ne.jp
PC: takuto.t.enlighten@gmail.com
09055329581
twitter:taku0415
●___________________________________________________●


--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

[国際協力] 東北支援イベントのお知らせ

国際協力メーリスにご登録のみなさま 

こんちにちは。学生団体 U-Lead(@U-Lead)の前村里菜です。

U-Leadは、5月15日に表参道ヒルズで東北支援のイベントを行います。

「被災地のためにいま私たちにできること」をテーマに

いま既に現地で活躍している写真家、学生ゲストの立場からみた、編集のされないリアルな現地の声を聞いて、私たち学生にはどのような支援の形があるのかを考えましょう。

コンセプトは「知る」「考える」「行動する」です!

みなさまのご来場をお待ちしております。

以下詳細です。

☆☆学生団体U-Lead主催☆☆ 
☆☆東北支援イベント"walk on"☆☆ 
☆☆515日(日)表参道ヒルズにて開催☆☆ 
震災から2ヶ月。今、学生の私たちには何が出来るのだろう。そのヒントがここにある。 
*イベントの収益は現地のニーズに合ったおもちゃや文具を提供するために、NGO 国境なき子 
どもたちを通して寄付されます。 
【コンテンツ】 
被災地復興に尽力する学生ゲストによる活動紹介、佐藤慧・安田菜津紀による講演、IMALU 
よるライブ、すぐに支援のできる東北物品の展示・販売など 
詳しくはコチラhttp://www.ulead.jp/walkon/ 
ツイッターでも随時発信中http://twitter.com/U_Lead 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
毎日流れる被災地についてのニュース。 
何かしたいけれど、何をしたらいいのかわからない。 
音楽を通じてポジティブなパワーを送るアーティストや、今既に現地で活躍している写真家、 
学生ゲストの立場から見た、編集のされないリアルな現地の声を聞いて、私たち学生にはどの 
ような支援の形があるのかを考えましょう。 

一人では小さな力でも、皆さんがこのイベントに参加してくださることによって一人ひとりの 
力が一つになり、大きな力に変えることが出来ます。 
その力が少しでも被災地の方々の支えになれば良いと考えています。 
515日、皆さんにお会いできるのを心よりお待ちしています! 
参加ご希望の方はこちら(https://ssl.form-mailer.jp/fms/682d6864147754)にてお申し込みくだ 
さい。 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

  

【日程】2011515日(日) 
    16:30開場 17:00~19:45 
【場所】表参道ヒルズ スペース オー(本館B3F 
【参加費】1000

入場料は運営費を除いて全額、NGO 国境なき子どもたちに寄付され、東北の子どもたちの 
ニーズに合ったおもちゃや文具の提供に充てられます。 
 ★ご来場の方は家庭に眠っている本(絵本・参考書・文庫本等)をお持ちいただくとそちら 
もそのまま支援先に送られます。 
【出演アーティスト】 
♪IMALU♪ 
2009年のデビュー後、翌年にシングルデビューを果たし、本格的な歌手活動をスタート。現在 
多方面において活躍中。 

  

佐藤慧 
世界を放浪し、NGOでも活動経験を持つ。アフリカを中心に取材をし、現在は震災復興支援に 
重きを置くNPOみんつなで活動している。 

  

安田菜津紀 
上智大学在学時に渋谷敦志さんの写真と出会い、写真家を志す。現在は東南アジアの貧困問題 
や、中東の難民問題などを取材している。 

  

 

【学生団体】 
学生緊急事態対策本部SETStudent Emergency Task force 
「個の気持ちを、被災地の方々の希望に繋げたい」 

  

東北学生震災復興支援団体A4TAll for Tohoku 
「力としては微々たるものかもしれない。しかし、被災地のために行動を起こしたい」 
Youth For 3.11 
「学生ボランティアのハードルを下げ、学生らしい後方支援を提案し、未来に繋げる」 

  

【協賛企業】有限会社アイズ・コンプレックス、アビームコンサルティング株式会社、株式会 
社 藤崎、森ビル株式会社 
【お問合わせ】event@ulead.jp


2011年4月29日金曜日

[国際協力] 【一般社団法人KIP】5月21日シンポジウムのご案内、5月10日特別フォーラムのご招待

メーリングリストに登録されているみなさま

一般社団法人KIP (http://kipprograms.org/) の中野舜一郎と申します。

一般社団法人KIPの5月のイベント
【5/21(土) 「大学生による国際化教育のあり方の研究」発表と参加学生によるグループ討論会】【REVISED】
【5/10(火) 「東日本大震災報道を通してみる国内外メディアの報道と今後の課題」】

今回は5月21日(土)に開催するシンポジウムのご案内と、5月10日(火)に開催する報道についてのフォーラムの御招待についてお知らせします。

私たちKIPは、会員が「知日派の国際人」、つまり日本を知った上で国際的に活躍する人材に、そしてリーダーシップを取れる人材になることを目的としている団体です。

KIPは普段、会員向けにフォーラムを定期的に開いており、ただ一方的にスピーカーからのお話を伺うだけでなく、スピーチをもとにして、参加する学生たちが主体的に考え、議論し解決策を見出すことを主な活動の一つにしています。スピーカーの方には毎回各方面で活躍されている社会人の方をお呼びしていることもKIPの特徴です。学生は「社会・世界に対するしっかりとした問題意識」を育み、「物事を考える癖」をつけ、そして「人としての礼節を知る」という理念のもと、好奇心、向上心、継続心を持って常日頃活動をしております。過去の活動詳細は(http://kipprograms.org/) を参照してください。

【5月21日(土)KIPシンポジウム討論会へのご案内】【REVISED】

5 月21日に”「大学生による国際化教育のあり方の研究」発表と参加学生によるグループ討論会「東日本大震災から学ぶもの」”と題しシンポジウムを行います。これは半年間、学生が直面している海外留学に行く上での問題点を明らかにし、企業や財団、文科省、経産省、外務省にもインタビューをして解決策を考えてきた成果を発表するものです。

また、3月11日の大震災を受け、『東日本大震災から学ぶもの』という題で緒方四十郎氏にスピーチと司会をお願いし、参加者全員によるディスカッションの機会を設けました。若宮啓文氏(朝日新聞主筆)にも「東日本大震災と『国際協力』」(仮題)についてお話いただきます。原子力問題再検討を初め、緊急対応策、国際協力の相互認識、復興策などをグループで討論し、後半のフロアーディスカッションでは震災の国際的影響を考えたうえで、学生として国際的に考えられる問題提起を話し合っていきたいと考えています。
このようなテーマで積極的に議論したい方をお待ちしております。

今回お話いただく緒方四十郎氏(元日銀理事、元日本開発銀行副総裁)、若宮啓文氏(朝日新聞主筆)のご講演を同時に聞くことができるのは大変貴重な機会です。

※なお、以前告知させていただいたものから、一部内容が変更されておりますのでご注意ください。

以下、詳細です。
-----------------------------------------------------------------
【KIPシンポジウム:
「大学生による日本の国際化教育のあり方に関する研究」発表と全参加者によるグループ討論会『東日本大震災から学ぶもの』】【REVISED】

【主催】 (社) KIP知日派国際人育成プログラム

【日時】 5月21日(土) 14:00-17:45 (開場 13:30)
 ※終了後、同会場にて懇親会開催。社会人も交えた交流イベントを行います。

【会費】 シンポジウムは無料、懇親会は3500円(ビュッフェ、飲み放題)

【場所】 有楽町駅から徒歩2分(参加者には追ってご連絡致します)

【プログラム】 シンポジウム14:00〜17:45 (開場 13:30)
                     第一部: 開会の辞 パッカード啓子 (社)KIP代表 
                                   スピーチ 「東日本大震災と『国際協力』」(仮題) 若宮啓文氏(朝日新聞主筆)
                                 
                     第二部: プロジェクト研究発表「学生による国際化教育のあり方」+質疑応答

                     第三部: 『東日本大震災から学ぶもの』
                                   スピーチ&司会 緒方四十郎氏(元日銀理事、元日本開発銀行副総裁)
                                 �グループディスカッション&発表 
                                 �フロアーディスカッション 
                                                                     
                    閉会の辞 KIP委員会

【申込期日と方法】 参加希望の方は5月8日までにこちらのフォームより申込み下さい。
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dFAyQ2N1X2tCMW01dTFtZDlsSF9DR2c6MQ
-----------------------------------------------------------------

【5月10日(火)緊急特別フォーラム第二弾「東日本大震災報道を通してみる国内外メディアの報道と今後の課題」ご招待】

東北関東大災害の現況を鑑み、5月10日(火)に特別緊急フォーラム「東日本大震災報道を通してみる国内外メディアの報道と今後の課題」を設けます。3.11後、海外では過剰とも言える報道により大勢の一時帰国者が出た一方、国内でも過剰に報道されたといえる側面と過小に報道されたといえる側面がありました。今回は共同通信社編集委員室長の方をお招きし、海外や日本のニュースを世界に配信している立場から見た、この国内外報道の側面を伺い、報道のあり方をディスカッションしていきたいと思います。KIPは会員制を取っているので、本来は会員のみ参加可能なフォーラムですが、今回は特別に非会員の方もご招待し、一緒に今起きている事について考えていきたいと思います。ご参加をお待ちしています。

以下、詳細です。
-----------------------------------------------------------------
【「東日本大震災報道を通してみる国内外メディアの報道と今後の課題」】

【日時】 5月10日(火)18:30〜21:00
【場所】 麻布十番から徒歩5分 (参加希望者には追って詳細をご連絡致します)
【会費】 無料(震災特別フォーラム)
【服装】 カジュアルで結構です(スーツでも良いですが多くは私服です)
【申込期日と方法】 参加希望の方は5月5日までに氏名・所属を添えて、KIP委員会kip.committee@gmail.com宛にお申込下さい。
また、お申込の際には以下の記入事項へのご回答をお願い致します。
■記入事項 (各項目200字程度でお願いします)
(1)自己紹介をお願いいたします。(現在の所属・学年・学部・サークル、これまでの活動など)

(2)KIP理念・ルールを読んだ上でのKIPに対する印象をお書き下さい。

(3)今回のフォーラム(「東日本大震災報道を通してみる国内外メディアの報道と今後の課題」)への参加理由をお書き下さい。
-----------------------------------------------------------------

上記シンポジウム及び緊急フォーラム共に、社会人もお招きしておりますため参加人数多数の場合は都合によりご遠慮していただくこともございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なおKIPについての詳細はKIPホームページ http://kipprograms.org をご覧下さい。
質問等も、ご遠慮なくkip.committee@gmail.com宛にお寄せください。
では一人でも多くの方に会えるのを楽しみにしています。


(社)KIP知日派国際人育成プログラム
委員会一同

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

[国際協力] 【PLAS】5/7世界エイズ孤児デーチャリティパーティーのご案内

みなさま

大変お世話になっております。エイズ孤児支援NGO・PLASの門田です。
直前のご案内になり大変恐縮ですが、
5月7日の世界エイズ孤児デーに合わせたチャリティパーティーのご案内をいたします。

毎年国際協力にかかわる、もしくは関心を持つNGO職員、企業、市民、学生などが集うパーティーです。
是非お誘いあわせの上奮ってご参加ください。


━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プラス 世界エイズ孤児デーキャンペーン2011

          チャリティーパーティーを開催します!

           5/7(土)18:00〜  @表参道 LA COLLEZIONE
━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エイズ孤児支援NGO・PLASは今年も5月7日の世界エイズ孤児デーにあわせて
チャリティーパーティーを開催します。

表参道のおしゃれなスペースで、参加者の皆さまやプラスのスタッフと
楽しい時間を過ごしませんか?

参加費の一部がエイズ孤児支援と東北地方太平洋沖地震により
被災した子どもたちの支援に充てられるので、
パーティーに来場するだけで気軽にチャリティに参加できます♪

今回は、素敵な賞品が当たるチャリティーラッフル(抽選会)も開催!
プラス主催のパーティーでは初の試みです!お楽しみに♪
また、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さんの写真展も同時開催します。
ウガンダ取材のお話も聴けますのでお見逃しなく!

「社会に何か良いことをしたい」
「小さなことでも国際協力に関わりたい」
「アフリカに行ってみたい」
「エイズ孤児と出会いたい」
・・・さまざまな想いを持った皆さまとお会いできることをお待ちしています。

国連が2002年に5月7日を世界エイズ孤児デーとして定めてから10年 。
HIV/エイズで親を亡くした子どもの数は全世界で1660万人を超えると言われています。
いまこの瞬間も14秒に1人、新たなエイズ孤児が生まれています。
過酷な状況に置かれつつも、誰かが支えることで、
子どもたちは無限の夢や希望を見つけ出します。

そんな等身大のエイズ孤児たちの姿に出会えるチャリティーパーティーに、
ぜひご来場ください。

◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇開催概要
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇

■日時:5月7日(土) 18:00-20:00 (開場17:30)

■場所:LA COLLEZIONE 
        東京都港区南青山6-1-3 南青山コレッツィオーネ 3F
   (東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線[表参道駅]より徒歩4分) 

■定員:120名
※4月末現在、90名以上のお申し込みをいただいております。
 お申し込みはお早めにお願いいたします!

■参加費:4,000円 
※参加費のうち、1000円が エイズ孤児支援に
 また、500円が東北地方太平洋沖地震により被災した子どもたちの支援に充てられます
※軽食・お飲み物をご用意しています。
※チャリティラッフル券1枚が含まれています。


◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇お申込・お支払い
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
下記のサイトからお申し込みください

お申込みいただきましたらお振込のご案内をいたします。
当日支払も可能です。


◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇プログラム
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇

17:30 開場
18:00 開演・代表門田瑠衣子よりご挨拶
18:15 スペシャルゲストによるスピーチ
    ウガンダから留学中のエイズ孤児・ロニーさん
    フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん 
18:30 乾杯・交流タイム
19:15 チャリティラッフル大会
19:50 閉会のご挨拶

♪♪会場ではフォトジャーナリスト・安田菜津紀さんの写真を展示。

♪♪アフリカのアクセサリー・クラフト販売あり

♪♪チャリティラッフルとは?
  チャリティ・ラッフル:抽選で希望賞品が当たります。
  アフリカのアクセサリーや協賛企業様からの豪華賞品がラインナップ!
  防水MP3ミュージックプラネット10点、ソープなどギフトセット5点
  その他サッカーボールや雑貨など、たくさんの賞品をご用意しています!
  賞品は下記ページ右カラムの「お知らせ」にて、随時アップします♪

♪♪昨年5月7日に開催したチャリティーパーティーの様子を下記でご覧頂けます。

◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇スピーカープロフィール
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
■安田菜津紀さん
studio AFTERMODE 所属。フォトジャーナリスト。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさ
らされる子どもたちを取材。
2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。
現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。
2008年7月、活動が日本青年会議所主催、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。
2009年、日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。上智大学卒。

■ルベガ・ロナルドさん
早稲田大学政治経済学部3年生。1988年ウガンダ共和国生まれ。
12歳の時にエイズによって両親を失った。
あしなが育英会の支援を受け、日本へ留学。
日本で、エイズやエイズ孤児の現状を伝えている。

■門田瑠衣子
1981年熊本県生まれ。2006年、明治学院大学大学院国際学修士課程修了。
2005年、在学中にケニア共和国でのボランティア活動に参加。
それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、
同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。


◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇世界エイズ孤児デーキャンペーンとは
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
エイズ孤児支援NGO・PLASは5月7日の世界エイズ孤児デーに合わせて
本キャンペーンを日本で唯一のエイズ孤児問題啓発キャンペーンとして
2007年より主催してきました。エイズ孤児について知り、
行動するために、私たちはキャンペーンを展開しています。

【キャンペーン特設HP】http://www.plas-aids.org/waod/2011/

◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
◇主催 エイズ孤児支援NGO・PLASとは
◇===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===◇
プラスは、2005年12月日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。
エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、
学校建設や農業事業、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□お問い合わせ□ エイズ孤児支援NGO・PLAS
 小島 info@plas-aids.org
 〒141-0021
 東京都品川区上大崎3−14−58クリエイト目黒2A
 Tel/Fax 050-3627-0271
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事
  門田瑠衣子 Ruiko Monda

〒141-0021
東京都品川区上大崎3-14-58クリエイト目黒2A
Tel/Fax 050-3627-0271
monda@plas-aids.org

マンスリーサポーターが新しくなりました!
http://www.plas-aids.org/support/monthlysupporter

★★New★★新しくなったエイズ孤児支援NGO・PLASのサイトはこちら
http://www.plas-aids.org/

ショッピングでエイズ孤児支援!プラスチャリティウェブショップ
http://plas-aids.ocnk.net/

My profiles: Facebook Twitter Picasa YouTube
PLAS News: お知らせ
My blog: 「政府開発援助(ODA)」予算に関する共同提言書が発表されました

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

[国際協力] 【インターン募集】トリッピース!

国際協力メーリスの皆様


お世話になっております。
石田です。

先月設立しました会社で、インターンを募集することとなりました。
trippiece、sharepieceメンバーともに、非常に面白いメンツに囲まれているので、
オススメです!!

新しいカタチの国際協力を生み出そうと日々、奮闘していますので是非。



今回は、インターン募集です!
一緒にサービスを創っていける仲間を募集しています。
ご興味のある方は是非、ご応募ください。

■Collaboration to create the future


trippieceでは、一緒に切磋琢磨してくれるメンバーを募集しています。
起業志望の学生や、面白いことがしたい学生にはオススメ出来る環境です。
毎日、渋谷にあるオフィスでワクワクしながら作業しています。


【募集職種】

1. プログラマー
2. webデザイナー
3. 広報担当


1:プログラマー 3名
・条件:週2〜、HTML/CSS経験者(初級者でもOK!)
※とにかく、パソコンが好きならOKです。
当社のエンジニアがバックアップします。

2:webデザイナー 1名
・条件:週2〜、マークアップ(HTML、CSS)まで可能な経験者の方
※こちら、超急募しています。

3:広報担当 3名
・条件:週2〜、やる気のある方


【対象】
大学1〜3年生、M1の方
※大学院進学予定の大学4年生も歓迎です。

【報酬】
・成果報酬(応相談)

※僕でさえも給料が出ないドアーリーな現状です。
それでも、やってやるぜ!っていう、ハングリーな方を一番に募集しております。

【勤務地】
・渋谷駅より徒歩15分

【採用プロセス】
・1度、面接をさせて頂きます。

【応募方法】

石田: ishidaian@gmail.com 宛に、

件名:インターン
お名前(ふりがな):
大学:
学年:
希望職種:
アピール(一言):
を添えて、ご連絡をください。


■会社概要
・会社名:株式会社trippiece <トリッピース>
・事業内容:旅系サービス製作中
・Vision:Connect people to be small the world.
・Mission:Create new ways to experience.
・メンバー:6人の愉快なメンバー(プロデューサー3名、エンジニア2名、デザイナー1名)


私たちのサービスは、「みんなでオリジナル旅を創る」ものです。
「誰とどんな」旅に行きたいか、を下にみんなが旅を創っていきます。
ゆくゆくは、一つの旅に興味を持った色んな国の人たちが参加して、国際交流をする。
すると、世界中に友達が増えて、「あれ、世界が小さくなってる。」
そんな経験を作り出すことが私たちの使命です。


他にも、facebookアプリの企画制作やHP製作なども実施していきます。

それでは、皆様のご応募をお待ちしております。


石田 言行

--
--
石田 言行  /  Ian Ishida

・中央大学商学部4年
 ・株式会社trippieace 代表取締役
 ・NPO法人うのあんいっち ファウンダー
    ・国際協力メーリス 運営

[Tel] 090-8314-1404
[E-mail] ishidaian@gmail.com
[Mobile]ishidaian@softbank.ne.jp
[Web]http://www.ishidaian.com/


--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

起業生活vol.04 インターン募集

前回は「起業に関するリスク」について書きました。

今回は、インターン募集です!
一緒にサービスを創っていける仲間を募集しています。


■Collaboration to create the future


trippieceでは、一緒に切磋琢磨してくれるメンバーを募集しています。

起業志望の学生や、面白いことがしたい学生にはオススメ出来る環境です。
毎日、渋谷にあるオフィスでワクワクしながら作業しています。

興味がある方はお気軽にご応募ください!!


【募集職種】

1. プログラマー:trippieceの開発から管理・運用、新サービスの企画・開発
2. webデザイナー:trippieceのUI/UX設計、デザイン。
3. プランナー:trippieceのプロモーション、営業。

1:プログラマー 3名
・条件:週2〜、HTML/CSS経験者(初級者でもOK!)
※とにかく、パソコンが好きならOKです。
当社のエンジニアがバックアップします。

2:webデザイナー 1名
・条件:週2〜、マークアップ(HTML、CSS)まで可能な経験者の方
※こちら、超急募しています。

3:プランナー 3名
・条件:週2〜、やる気のある方


【対象】
大学生
※最低週2日、希望としては週3日は時間を割ける方で御願い申し上げます。


【報酬】
・成果報酬(応相談)

※プログラマー/webデザイナーの方はトライアル期間(1,2ヶ月)を経たら、固定給をお支払いします。既に実力のある方は、能力に応じて初めからお支払いします。


【勤務地】
・渋谷駅より徒歩15分


【採用プロセス】
・1度、面接をさせて頂きます。


【応募方法】

下記より、ご応募ください。

http://bit.ly/gww6VD


■会社概要
・会社名:株式会社trippiece<トリッピース>
・事業内容:ソーシャル×旅行
・Vision:Connect people to be small the world.
・Mission:Create new ways to experience.
・メンバー:6人の愉快なメンバー(プロデューサー3名、エンジニア2名、デザイナー1名)


私たちのサービスは、「みんなでオリジナル旅を創る」ものです。
「誰とどんな」旅に行きたいか、を下にみんなが旅を創っていきます。
ゆくゆくは、一つの旅に興味を持った色んな国の人たちが参加して、国際交流をする。
すると、世界中に友達が増えて、「あれ、世界が小さくなってる。」
そんな経験を作り出すことが私たちの使命です。


他にも、facebookアプリの企画制作やHP製作なども実施していきます。

それでは、皆様のご応募をお待ちしております。


石田 言行
ishidaian@gmail.com

[国際協力] 国連とコラボ

銀座ロイヤルサロン交流会

今回も銀座の坪単価5億円ほどの価値のある一等地を、国際児童基金の理事長である松田理事長からのご支援のもと貸していただくことができました。

良き想いを持った方々、世の中のため人のために動こうとしている方(For you精神を持った方)にお越しいただいて、交流会を開催いたします。

コンセプトはFor you (あなたのために)です。この想いを持った方々にぜひお越しいただいて、皆様が繁栄していけるような関係作りをしていただけたら幸いです。

また、何か会場に来ている皆さんに伝えたいこと、プレゼンテーションをしたいという方がいらっしゃいましたら、事前におっしゃっていただければその時間を作ることもできるので事前にお伝えくださいませ。

【日時】5月10日(火)19時〜21時(18時30分開場)
【場所】東京都中央区銀座5-8-1サッポロ銀座ビル8F(銀座駅A3出口すぐ。)
【会費】3000円(軽食+ドリンクがあります。)
【定員】100名
主催 銀座 For you  
代表 藤木健太
※参加表明は
buoyant.toriri@docomo.ne.jp
08013097654
服部克彦まで人数をお願いします!
今回は即埋まる疑惑ですので、即断即決でお願いします!

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5

アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

[国際協力] 明日sharepiece第一回勉強会

国際協力MLの皆様

お世話になっております、運営の室橋です。
現在、企画を進めているsharepiece主催の第一回勉強会がついに明日行われます!

まだまだ参加者を募集しているため、告知です。

どうぞ宜しくお願い致します。


以下、告知文

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【 sharepieceプロジェクト】
—世界中の問題/問題解決を共有するプロジェクト—

第一回勉強会〜バングラデシュのゴミ問題に挑む〜
参加者募集!!
4/30(土)18:20〜@代々木オリンピックセンター
応募先⇒ http://bit.ly/gFFL3Z
☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

−勉強会詳細−

今まで、理論は学んできたけど、コレって本当に正しいの?
より本質的な問題解決を目指すにはどうすればいいんだろう。
そんな、皆様にオススメ出来る勉強会です!

■□■□■□ sharepiece主催 第一回 勉強会 □■□■□■
現地での調査報告を聞き、考え、新しい問題解決を考えよう!!

今回の目玉は3点。
1.GCMPさんがバングラデシュで見て来た「ゴミ問題」
の現地報告。
2.STONEさんのバングラデシュ以外でのケーススタディのプレゼン。
3.e-Education代表の税所篤快さんによるご講演

これを踏まえて、新しい問題解決のアイデアをグループワークを通じて、考えて行きましょう!!

【詳細】
■日時
4月30日(土) 18:20〜21:45 (18:20 開場 18:35開始)

■開催場所
オリンピックセンター(参宮橋駅下車 徒歩約7分, 代々木公園駅下車(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分)
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

■参加料
学生500円 社会人1000円(会場代・資料代として)

■当日タイムライン(予定)
18:20〜 開場
18:35〜 挨拶
18:40〜 現地報告/問題提起&質疑応答(GCMP テーマ「ごみ」)
19:10〜 問題解決策を考える上で大事な視点/考え方 (STONE 事例をもとに)
19:20〜 解決策の話し合い
20:10〜 休憩
20:20〜 各グループによる、解決策発表(各班2分)、質疑応答
21:10〜 税所さんによる講演
21:35〜 退場
21:45  終了

・応募先⇒ http://bit.ly/gFFL3Z


【ゲストプロフィール】
税所篤快さん
・早稲田大学教育学部3年。
バングラデシュ初の映像授業によって、貧しい高校生の大学進学をサポート。
途上国に教育革命を起こすべく奮闘中!「みんなの夢アワード2010」最優秀賞受賞。
参考動画:https://readyfor.jp/projects/14


■連絡先
室橋: yukimurohashi0@gmail.com


--
******************
室橋祐貴
慶應義塾大学
経済学部4年
竹森俊平研究会
no_day_but_today-_-.777@i.softbank.jp
mu.o-ko-ko.w.oko@a6.keio.jp
08012579576
twitter:Yuki_muro
blog:http://blog.livedoor.jp/murovalue/
******************

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5

アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

2011年4月28日木曜日

起業生活.vol03 「起業におけるリスク」

前回は、起業生活vol 02 「ビジョンとミッション」について書きました。

最近ブログを書き過ぎなのは、叫びたりないからだと思う(笑)
一方的に誰かに話したい気分が続いています。

実際、1日1回でもブログを更新することはインプットを整理するという意味で、
良いことだと思っている。
なので、1日1時間くらいでさーと書くようにしています。


----------------------------------------

■「リスク」を実態を持ってイメージする

僕は、「起業」という選択を選んでいるのですが、たまに「起業のリスク」が話題になります。

「いあんさん、リスクはないんですか?」というようなものです。

「リスク」って何だろう?
みんなは多分「起業」と「就職」を対立軸に捉えていると思う。
そして、比較して、「就職」の方が安全と判断しているのだろう。

そんな「比較する」という前提を抜きに、「リスク」が本来意味する、行動に付随する損失/危険という意味で「起業」を考えてみよう。

「起業」に必要とし、実際に使うものは、

1.体(強いていうなら、心技体どれも。)
2.時間(1日10時間は使う。)
3.お金(なんだかんだ、100万円くらいは最低で掛かりそう。)

これらを用いて、何が損になるのか考えてみると、、、


1.体を使って出る損失は、疲れることくらいだ。寝不足は確かに続くけど、まぁ何とかなるくらいだ(笑)なので、もともと体を使う域から、逸脱しているとは言い難い。酷使が続ければ病気になり、それは危険とも言えるが自己管理は可能だ。

2.時間の価値を何によって定めるかだけど、これは「成長」か「欲求満足」の2軸で考えたい。左記なら、学問。右記なら、遊び。がそれを代表するものだ。
「起業」に時間を使うことは、「勉強」、「遊び」にも感じられる。大変だけど楽しいし、日々満足も感じられる。ふむ、これにもリスクはないと言える。

3.お金。これは、明確で使用額に比例する。僕は100万円としよう。これは損失だ。


はて、「リスク」を比較対象抜きにみたら、特に危険なことは何もないように思ませんか?
「リスク」という不可視な事象をリアルに落とし込んで考えると意外と大したことでもないと思います。まぁ、これは立ち上げのみの話なのですが、、、

僕たちはバイアス的に、「起業=リスク」という意識を強く持ちすぎているのではないでしょうか。



■そもそも、安定ってなんだ?

現代の日本は、政治も経済も、「安定こそが正義」を信念にしているようです。
安定って?
政治=毎回立候補できること?笑
経済=毎年GDPが向上すること?

人の人生では、定年まで仕事があって/給料が年々昇給することが安定でしょうか。
でもその価値観も崩れて来ているのではないでしょうか?

だって、経済は今後、人口の減少に伴って縮小します。
ここで経済の安定の概念は壊れます。
政治は・・・今日ですら、安定しませんね笑

マクロの世界ですらここまで崩壊しかけているのです。
それを構成する人々の生活の安定は、給与の昇給だけでは片付けられないでしょう。
男が稼ぎ、女が家事をするといった常識も崩壊してきますから、もっと生活スタイルは多様化していくでしょう。

「安定」という概念の崩壊の鐘は既に打ち鳴らされています。
気付いている人だけが、気付いている状況です。




■なぜ、多様化が認められないのか

日本社会で、優秀な人が起業する文化が出来れば、既存の大企業はドンドン窮地に立たされるでしょう。それを世論操作によって、阻止したいようにすら思えて来ます。

どんな「世界」でも、その時代のニーズに最適化した企業が勝つ。
そのエコシステムが機能するように是正しないと、日本経済は良くならないのではないでしょうか?

堀江さんが収監されましたが、日本長期信用銀行,カネボウと比較してどうしてここまで、、、という対応です。
ライブドアのニッポン放送、ソニー買収案をはじめ、「敵」というレッテルを貼られましたが本当にそうなのでしょうか。。。

「誰よりも株主の利益を考え、誰よりもお客様(ポータルサイトの利用者)の利便性を考え、資本主義のルールに忠実に従った結果がこの実刑ならば、いったい誰が起業家を目指すというのだろう。出る杭が打たれる社会ならば、誰が新しいことにチャレンジしたいと思うだろうか。

ライブドア事件の前年、高校生のなりたい職業No.1は「起業家」だったのに、翌年には「公務員」に代わっていたことが、私には悲しかった。若者が希望や野心を持たず、チャレンジもせず、安定を求める社会に活力を期待できるだろうか。

既得権益を持つ60~70代の大人にも立派な人物は居る。官僚や大企業にも尊敬できる人物は居るし、私も出逢ったきた。しかし今の社会を観るに、何故多くの組織や立場ある人々の振る舞いに酷い私心を感じ取らざる得ないのだろう。」
『堀江貴文の意志』 より抜粋)


とにかく、リスクを「起業」に押しつけ、まるで危険思想だと言わんばかりの世論はどうかと思います。自分たちを正当化するための、論拠に欠けるロジックではないでしょうか。

このままの社会である方が、数十年先の日本にとってよっぽどのリスクです。


■起業のリスク(番外編)
※基本的に僕をベースに考え、僕のリスクとリスクヘッジです。


Q:「失敗して、借金背負ったらどうするの?」

→株式会社なら有限責任です。故意でないことと、会社の借金を個人で連帯保証してなければ問題ないとも言えるでしょう。むろん、倒産は歓迎出来ないし、最大限阻止すべきものですが。


Q:「失敗してからのキャリアは?」

→時代に合って潰しの効くスキルを身につけます。プログラミングさえ出来れば死ぬ事はまずないでしょう。

Q:「借金を抱えたら?」

→額によっては自己破産するしかないですが、死ぬ事はありません。
法律に触れる事業をやっていたら、分かりませんが笑


とにかく、リスクヘッジの仕方はいくらでもあるということです。




一つだけ付け加えます。

僕も未来に対する不安がないわけではありません。
「死ぬ」時を考えれば恐怖で立ちすくみます。

さらに、起業の「き」の字も出来ている段階じゃないのに、
既に大変です。
これを仕組み化するって、ちょwwおまwwwみたいな感じです。

それでも僕は、世界が変わる何かを生み出したい。
起業であれ、就職であれ、この想いは絶対に変わる事がない。
そのワクワクと使命感は自分で止められるものじゃない。

人が持つ可能性は常に賞賛されるべきで、批判すべきではない。
とにかくもっともっと挑戦していきましょー!!!


あっ、ビジョン/ミッション(仮)が決まりました。

vision: Connect people to be small the world.
mission:Create new ways to experience.

です!


また、エンジニア/デザイナーを急募しております。
初級者の方でも気概があれば、当社のエンジニアがバックアップします。
是非、ご関心があります方は、下記のアドレスまでご連絡ください。

石田: ishidaian@gmail.com

[国際協力] 【今週末!】「Feel the world」 FEST第一回写真展のお知らせ

国際協力メーリスご登録のみなさま

こんちにちは。学生国際協力団体 FEST代表の倉田拓人(@taku0415)です。

今日の関東地方は暑いですね。半袖で大学に来ています。

FESTでは今月30日〜5月1日の2日間、初の写真展を行います。

今回展示する写真は、全てFESTが活動するフィリピンの方が撮影した写真です。
昨年10月と今年3月、計26台のカメラをFESTが現地に持ち込み、撮影を依頼しました。

フィリピンの日常、例えば、

・朝食の様子
・子どもたちの間で流行っていること
・ホームパーティーの様子
・居住空間
・地域の祭り
・飲み会

など、ごくごく普通な生活を、フィリピンの皆さんがカメラを通して記録しています。
日本に居ながらにして、フィリピンの日常を垣間見ることができる、面白い写真展。

「現地が見た、現地」がキーワード。

あなたも東京で、
フィリピンの日常を現地目線で覗いてみませんか?


以下詳細です。

学生国際協力団体FEST第一回国内写真展

【Feel the world】〜レンズを通して見たフィリピン〜


「思うまま、撮ってきてください。」フィリピンで配ったインスタントカメラ。
現地人だからこそ撮れたリアルな日常が垣間見れます。
入場料は全額現地支援に充てさせていただきます。
是非、現地を覗いてみてください。

プロジェクトの詳細はこちらから。
http://fest-photowork.jimdo.com/


日時:2011年4月30日〜5月1日
11:00〜19:00(最終日は17:30まで)
場所:Orange Gallery
東京都豊島区西池袋1-9-11-103
http://www.e-tamaya.biz/og/

アクセスの詳細

JR池袋駅南口から1分
地下の南口改札を出て、右手メトロポリタン方面、ルミネ(メトロポリンプラザ)を目指して歩いてください。ルミネ入り口前の吹き抜けのエスカレーターで地上に出ると、メガネドラッグが正面に見えますので、その通り沿いを左方向に歩いてすぐです。

入場料は
学生300円
社会人500円
を一口とした募金形式です。

例えば学生の場合、
300円で入場し、写真展を楽しんでいただいた後、
FESTのプロジェクトに共感された方は募金を入れていただく形です。

今写真展の収益は全額、FESTの支援先、フィリピン・マボロ地区の現地支援に充てさせていただきます。
フォトワークプロジェクトの現地還元システムについては、会場でご説明しております!

FESTメンバー一同お待ちしております!

ご精読ありがとうございました。

--
●___________________________________________________●
学生国際協力団体 FEST (http://fest2010.jimdo.com/)
twitter:FESTmember

代表

日本大学法学部3年
倉田 拓人 (KURATA,Takuto)

E-mail: fis1-ye.s.t_i_hi.s.t-t.com-@docomo.ne.jp
PC: takuto.t.enlighten@gmail.com
09055329581
twitter:taku0415
●___________________________________________________●


--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

2011年4月27日水曜日

[国際協力] 【最終告知】4/30 sharepice主催ケーススタディから学ぼう!

皆様


お世話になっております。
運営の石田(@ishidaian)です。

最近はご無沙汰なのは、管理をsharepieceの方に徐々に移しているからです。
sharepieceが主催して行う勉強会/イベント関連は基本的に、当メーリスのオフィシャル企画だとお考えください。

ちょっとややこしいですがsharepieceは、
僕が代表を務めるtrippieceの一プロジェクト的な位置づけとなっております。
質の高い勉強会をご提供出来ると確信しております。
是非、ご参加ください。

※ご興味がありそうな方、団体に転送、tweet/RTして頂けると喜びます(笑)

(以下、告知文です。)

-twitter用−
【RT願】4月30日(土)18時〜sharepiece主催の第一回勉強会を開催します!!今回のテーマはバングラデシュにおけるごみ問題。e-Education税所篤快さんの講演も!参加申し込みはこちら⇒

-一般用-

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★
sharepieceプロジェクト】
―世界中の問題/問題解決を共有するプロジェクト―

第一回勉強会〜バングラデシュのゴミ問題に挑む〜
参加者募集!!
4/30(土)18:20〜@代々木オリンピックセンター
応募先⇒ http://bit.ly/gFFL3Z
☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

−勉強会詳細−

今まで、理論は学んできたけど、コレって本当に正しいの?
より本質的な問題解決を目指すにはどうすればいいんだろう。
そんな、皆様にオススメ出来る勉強会です!

■□■□■□ sharepiece主催  第一回 勉強会 □■□■□■
現地での調査報告を聞き、考え、新しい問題解決を考えよう!!

今回の目玉は3点。
1.GCMPさんがバングラデシュで見て来た「ゴミ問題」
の現地報告。
2.STONEさんのバングラデシュ以外でのケーススタディのプレゼン。
3.e-Education代表の税所篤快さんによるご講演

これを踏まえて、新しい問題解決のアイデアをグループワークを通じて、考えて行きましょう!!

【詳細】
■日時
4月30日(土) 18:20〜21:45 (18:20 開場 18:35開始)

■開催場所
オリンピックセンター(参宮橋駅下車 徒歩約7分, 代々木公園駅下車(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分)
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

■参加料
学生500円 社会人1000円(会場代・資料代として) *参加団体は無料

■当日タイムライン(予定)
18:20〜 開場
18:35〜 挨拶
18:40〜 現地報告/問題提起&質疑応答(GCMP テーマ「ごみ」)
19:10〜 問題解決策を考える上で大事な視点/考え方 (STONE 事例をもとに)
19:20〜 解決策の話し合い
20:10〜 休憩
20:20〜 各グループによる、解決策発表(各班2分)、質疑応答
21:10〜 税所さんによる講演
21:35〜 退場
21:45  終了

・応募先⇒ http://bit.ly/gFFL3Z


【ゲストプロフィール】
税所篤快さん
・早稲田大学教育学部3年。
バングラデシュ初の映像授業によって、貧しい高校生の大学進学をサポート。
途上国に教育革命を起こすべく奮闘中!「みんなの夢アワード2010」最優秀賞受賞。
参考動画:https://readyfor.jp/projects/14


■連絡先
室橋: yukimurohashi0@gmail.com


-----------------

以上、よろしくお願い申し上げます。


石田

--
--
石田 言行  /  Ian Ishida

・中央大学商学部4年
 ・株式会社trippieace 代表取締役
 ・NPO法人うのあんいっち ファウンダー
    ・国際協力メーリス 運営

[Tel] 090-8314-1404
[E-mail] ishidaian@gmail.com
[Mobile]ishidaian@softbank.ne.jp
[Web]http://www.ishidaian.com/


--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

2011年4月26日火曜日

[国際協力] Re: ウエルカムチャンネルで日本の風評被害を吹きとばさう!

国際協力メーリスに参加の皆様
 
先日お知らせした
ウエルカムチャンネルへ
お問い合わせをいただきました皆様
関心を寄せていただきまして
ありがとうございます。

第一回ミーティングについて

以下の日程で
横浜桜木町で
ミーティングを行います。
また、5月1日の横浜のイベントで
第一回目の撮影を行います。
尚、今回の撮影は日本語でレポートを行う
チームもありますので
語学にそれほど自信のない方でも大丈夫です。
 
レポーターだけでなく
番組制作 脚本 撮影 編集などに
関心のある方のご参加も
お待ちしています。
 
ご都合の付く方は
ご連絡の上
ぜひご参加ください!

今後ともよろしくお願いします。


4月27日水  十四時から
みなとみらいスタジオ
 横浜市中区桜木町1−1−56
クリーンセンタービル5F 市民共同オフィス内 B-3
→ http://bit.ly/gnCGNh


特定非営利活動法人PCITVの依頼に答え

5月1日(日)
横浜市の環境と国際交流をテーマにしたイベント
「かながわ 湊フェスタ」
を取材し
レポート番組の撮影を行うための
ミーティングに出席し 役割分担
グループ分けを行います。

5月1日 レポート番組撮影を
いくつかのグループで、撮影します。

撮影後
番組編集
配信 放送などの作業を
みなとみらいチャンネルスタジオの
機材を借りて行います。

出来上がった番組は
ネット配信するほか
ケーブルテレビイッツコムで
放送される予定です。

(放送日などは現在の時点で未定です)
興味ある方はお問い合わせください。

協力 特定非営利活動法人  PC-ITV
http://pc-i.tv/

企画お問合せ先

POZIFILMS
 pozifilms@gmail.com
NPO法人 映画表現育成協会FILMe(フィルミィ)
http://filmejapan.com/
08041160088
高遠瑛

2011年4月20日0:15 アースフェスタ事務局 <earthfesta@gmail.com>:
国際協力メーリスにご参加の皆様

いつも有益な情報をありがとうございます。

POZIFILMS 高遠瑛です。

[今、日本のために 映像で出来ること]
として、 以下の活動を応援しています。

こちらの企画では、
現在、バイリンガル番組を制作するため
ライター レポーター カメラマン ディレクターなどを
経験してみたい大学生の皆さんを
募集していますので
以下、興味のある方はぜひお問い合わせください。



日本に外国人観光客を呼び戻そう!

 ウエルカムチャンネルでは
日本の観光地を
原発事故の風評被害から救うため

国内外向け観光地案内
名産品のネットCM
イベント お店 生産者のコメント
メッセージなど
バイリンガルレポートウェブ番組の
制作を始めることにしました。

今、WellCome Ch.(ウエルカムチャンネル)では、日本の魅力を世界中に発信する番組を
制作する仲間を集めています!

「ウエルカムチャンネル」は
昨年「下北沢大学」のバイリンガルレポートを制作した、 映像ディレクターを中心に結成されたチームです。

番組の一例
Welcome Channel 下北沢大学 レポート篇

http://www.youtube.com/watch?v=PeIKq_B_P0I

日本は 素敵な国!
日本は こんなに元気です!

そんなポジティブなメッセージを
国内外に送る
バイリンガルウエブ番組の制作に
ご協力くださる
ライター レポーター  カメラマンなどを募集中です。
参加者皆さんのアイディアを活かし
魅力的な番組を共に作っていけたらと思います。
番組制作の経験は、なくてもかまいません。
無理のないペースで、参加いただく形です。

市民参加型の
ワークショップ形式で
レポート番組を実際に
作ってみるところからはじめます。

参加費は、無料です。

案件によっては、交通費や、お弁当が出る場合もあります。

必要な場合には、
「下北沢大学 映像講座」より
専門のプロのディレクターの講師を招き
勉強会も行います。

第一回ミーティング
4月27日  十四時から
みなとみらいスタジオ
 横浜市中区桜木町1−1−56
クリーンセンタービル5F 市民共同オフィス内 B-3
→ http://bit.ly/gnCGNh

特定非営利活動法人PCITVの依頼に答え
5月1日(日)
横浜市の環境と国際交流をテーマにしたイベント
「かながわ 湊フェスタ」を取材し
レポート番組の撮影を行うための
ミーティングに出席し 役割分担
グループ分けを行います。

5月1日 レポート番組撮影を
いくつかのグループで、撮影します。

撮影後
番組編集
配信 放送などの作業を
みなとみらいチャンネルスタジオの
機材を借りて行います。

出来上がった番組は
ネット配信するほか
ケーブルテレビイッツコムで
放送される予定です。

興味ある方はお問い合わせください。

協力 特定非営利活動法人  PC-ITV
http://pc-i.tv/

企画お問合せ先
 POZIFILMS pozifilms@gmail.com

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

2011年4月25日月曜日

[国際協力] 【共有】連休に震災ボランティアを考えている皆さんへ

みなさま

鈴木(@bellshift)です。

宮城県災害ボランティアセンターより以下のアピール文が届いております。
みなさまにも共有したほうがよいと思いましたので、転送します。

鈴木
--------------------<以下、アピール文>---------------------
「連休に震災ボランティアを考えている皆さんへ」

2011年4月20日
宮城県災害ボランティアセンター


これからゴールデンウィークにかけて多くのボランティアの力が必要とされることが予想されます。被災地でボランティア活動に参加するにあたって気に留め
ていただきたいことがいくつかあります。被災地はまだまだ多くのニーズがありますが、ボランティアをそのニーズに結びつけるコーディネーション部分に多
くの時間と手間をかけなければならないのが現状です。
被災地の方々の力になりたいという熱意が被災地に負担をかけることなく受け入れられるよう次の点に気をつけていただければと思います。

●事前の情報収集
現地の状況は日々変わります。ライフライン復旧の状況や宿泊施設の有無などを、インターネットなどで情報収集しましょう。また地元や近隣で開かれる震災
ボランティアのためのオリエンテーションに参加してください。

●ボランティア時差出動
現地では長期の継続した支援を必要としています。ゴールデンウィークには多くのボランティアが被災地に集中することが予想されています。調整がつくなら
ば「ラッシュ」を避けて予定を組んでください。

●個人より組織されたボランティア
現地では組織化されたボランティアが求められます。個人よりも現場でのコーディネーションがやり易く結果被災地の負担を少なくすることができます。具体
的には…

�すでに活動をしているNGOやNPOのプログラムに参加する。
�自分で20名以上の仲間を集めてバスをチャーターし、被災地の県の社会福祉協議会が運営している災害ボランティアセンターと調整する。
�事前に先遣隊を派遣して受け入れ先と調整を行う。
�個人単位で自家用車で乗り入れることはしない。
※被災地ではすでに朝夕に交通渋滞「ボランティア渋滞」が起こっています。できるだけバスや自家用車でも乗り合い(ライド・シェア)を利用しましょ
う。

●ゴールデンウィークだけに集中しない
ボランティアが必要とされるのはゴールデンウィーク中だけではありません。個人ならボランティア休暇制度を利用する、企業ならゴールデンウィークをずら
して休暇をとれるようにするなどの配慮をして下さい。地元の人たちの負担が軽減されると共に、ボランティア活動が計画的にできるようになります。

●出発前にボランティア保険に加入
ボランティア活動では予期せぬ事故(怪我)に合う場合もあります。出発1日前までにボランティア保険(Aプラン・天災型)に加入してください。窓口は地
域の社会福祉協議会です。


以上を様々なメディア(例えばテレビ、ラジオ、公共広告機構など)を通じて、広く人びとの目に触れるようにして頂くことを希望します。

以上

--------------------<以上、アピール文>---------------------

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5

アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

[国際協力] 関西の国際貢献系団体大集合! 大交流&合同説明会


国際協力ML登録者のみなさま

神戸大学3年、ミレニアム•プロミス•ジャパンユースの会関西支部の小林由季と申します。

この度、関西全域の国際系の学生団体が大集合して、合同説明会を行うことになりました!

説明会といっても、固いものではなく、
関西で第一線で活躍されている学生ゲストスピーカーや今まであまりなかった団体同士の横の繋がりを創るため、新入生だけでなく、すでに学生団体やサークルに入っている方でも活発に交流•情報交換していただけたらと思ってます。



以下、告知文です!

↓以下詳細↓

国際貢献系学生団体の合同説明会 『縁〜en〜』


【関西の国際貢献に興味のある新入生・大学生必見!!】
(社会人の方も参加可能です)

「この春、新しい自分に出会おう」

こんな機会は年に1回あるかないか?! 

京阪神のインカレ国際貢献系学生団体が大集合ヾ(@^▽^@)ノ

学校建設、住居建設、難民支援、学生会議、チャリティイベント、ワークショップ、

スタディツアーなどなど、活動はさまざま(*^ー^)ノ

活動範囲は日本〜アジア・アフリカまで!!

きっとキミに合った団体が見つかるはず (o^-')b



『縁〜en〜』は関心があってもなかなか見つかりにくい学生団体にまとめて出会ってもらい、

それぞれに合った団体を見つける機会作りです(*^o^)乂(^-^*)

自分の関心にあった活動を見つけ、ある一つの問題や取り組みに関わることによって、

物事の深さや繋がりに気づき、自身の視野や活動を広げて、

充実した学生生活を送ってほしいと思います(*^o^*)

また学生ゲストスピーカーのお話はきっと新しい刺激を与えてくれるでしょう('-^*)/



【内容】
・学生団体ブース(実際に活動してきた学生の生の声がたくさん聞けます!) 
・学生ゲストスピーカー(活動を始めたきっかけ・新入生へのメッセージなど語ってもらいます)
・学生団体、ゲスト、参加者交流スペース


【参加団体】(まだまだ増えるかも?!)
AIESEC、CHISE、FAVLIC、Girasol、Habitat for Humanity、J-FUN Youth 関西、Life Works、MPJ 関西ユースの会、TFT-UA 関西支部、Youth Ending Hunger 関西、関西あおぞらプロジェクト、日本ケニア学生会議、夢追人、NICE、IROHA
(参加団体の詳細はブログへ!!)


【ゲストスピーカー】
黒田淳一  関西あおぞらプロジェクト 元代表、Merry Project
山田安友  平成元年会 代表、moco創設者
山中菜奈穂 模擬国連全米大会 日本代表
藤原蘭子  学生国際協力団体SIVIO 3期代表
清水大樹  5つの学生団体 代表・幹部など、バックパッカー日本縦断
辻明典   Girasol開発アドバイザー

司会:寺岡重人 World Shift Kobe代表
(各ゲストのプロフィールはブログへ!!)


【日時】2011年5月15日(日) 午前10時〜午後4時 途中入退室可

【場所】京都外国語大学 1号館地下 コンパーニョ(詳しい会場へのアクセスはブログで)

【参加費】無料!!

【申し込み】 こちらからお願いします→http://atnd.org/events/14291

または
tft.mpj.en@gmail.comまで
(名前、性別、所属を記入の上、申込み下さい)

【ブログ】(パソコンかスマートフォンでみてください)
「国際貢献系学生団体の合同説明会『縁〜en〜』のブログ」
http://ameblo.jp/tft-mpj-en/


【お問い合わせ】
メール:tft.mpj.en@gmail.com
Twitterもやってるよ〜:@en_20110515  http://twitter.com/#!/en_20110515


【主催・運営】
縁en実行委員会


2011年4月24日日曜日

「共感」を広げよう!

「起業生活」シリーズ以外にも、思った事を書き貯めておこうと思います。
※次回からさすがに、「です・ます調」を止めますw


僕は、「ビジネス」的な側面だけでなく、NPO法人の立ち上げやインターン、NGOでのボランティアも経験しています。
その中でも、「国際協力」に比重を置いて活動してきたのですが、その中で一つ疑問に思うことがあります。

それは、「なぜ皆、関心を増やそうとするのか」ということです。


多くの学生団体もイベントを通じて、「関心を増やす」ことを重点に置いています。
NPO、NGOも然りです。つまり、自分たちのアクションを「知るキッカケ」と位置づけ、アクションを見に来てくれている人たちに「関心」をもたらそうとするのです。
果たして、効果があるのかどうか、主観的に言及したいと思います。

関心と共感の違いは、ざっくりとですが、、、
関心:あることを知る/気付く/興味を持つ
共感:あることを知って/感動して/行動する

簡潔に言うと、知るで終わるか、行動に移すかの違いです。
※あくまで僕の例えです。



■「関心」ではなく、「共感」を広げよう


結論的から先に申し上げます。

「アッ」と思わず声が出てしまうような途上国の現状を表す写真や動画を見せれば、「関心」を持つ方は現れます。

サッカーでも日本代表が活躍すれば、サッカーに「関心」を持つ人は増えるでしょう。
途上国を旅をすれば、物乞いを目にして、国際協力に「関心」を持つ人も多いでしょう。

そう、関心をもたらすのは比較的容易いのです。
国際協力に対しても、多くの人が「関心や認知」はしていると思います。
しかし、求められているのは、「関心」ではく、「共感/感動」→「思考と行動」です。

先日の、「タイガーマスク(伊達直人)」の件もそうだと思います。
児童養護施設自体の存在は、ある程度認知されていたでしょう。
日本における孤児や貧困の問題も認知はされていることと思います。

この問題に対して、「共感」を集めたのがタイガーマスクさんです。
タイガーマスクという匿名で、寄付先が欲している「モノ」を寄付する。
そのやり方と効果が、「私にも出来る」と共感を生んだ。
関心を集めても行動に至る率は少ない。だから、このような例がマスコミに取り上げられるのです。

「起業したい」と起業に関心を持ち、その上で起業する学生は僅かです。

なので、関心ではなく、具体的な行動に移す「共感」を広げるべきだと思います。


国際協力において、世界に数多とある問題を解決するには優秀なアクターが必要不可欠です。
もっと、「共感」の輪を広げて行くことが大切です。
そうすれば国際機関へ優秀な人が務めたり、寄付市場の成長に繋がるのではないでしょうか。



■「国際協力」と出逢いは中学校から


ピューリツア賞受賞写真「ハゲタカと少女」




この写真を見た事ある人は多いのではないでしょうか。
僕が中学校の頃、英語の教科書であった『NEW CROWN』にこの写真が取り上げられていました。
上記の教科書を採用している学校の同世代は一度は目にしたことがあるでしょう。
社会や公民の資料集にも掲載されていたと思います。

国際協力という概念自体にも、「社会」や「世界史」といった科目で、「貧困問題」として目に触れたこともあります。
ユニセフやユネスコ、国際連合なども教養として教えられるはずです。

これだけを論拠にするのは乏しいとは思いつつも、
国際協力に「関心」を持つ機会はマクロで存在したのです。
そして、実際に中・高校生から国際協力に関心を持ち、進路を決める方は大勢います。



■ケビン・カーター氏(「ハゲタカと少女」撮影)から見る「関心」の脆さ

彼は、wikipediaによると、

1994年、ハゲワシが餓死寸前の少女を狙っている『ハゲワシと少女』という写真でピューリッツァー賞を受賞。写真はスーダンの飢餓を訴えたものだったが、1993年3月26日付のニューヨーク・タイムズに掲載されると同紙には絶賛と共に多くの批判が寄せられた。そのほとんどは「なぜ少女を助けなかったのか」というものであり、やがてタイム誌などを中心に「報道か人命か」というメディアの姿勢を問う論争に発展した。

授賞式から約1ヶ月後、カーターはヨハネスブルグ郊外に停めた車の中に排気ガスを引きこみ自殺。彼はマンドラクス[1]を常用する薬物依存症であっただけでなく、20代の頃に躁鬱病を患っており二度も自殺未遂を起こすなど精神的に不安定な側面があった。また、死の数年前から衝撃的な写真を撮ることと、そうした写真ばかりが喜ばれることに疑問を抱いていた。


※彼はこの後、少女を助けました。少女は自分で立ち上がり、村へ帰っていったそうです。
それを見届けた後に、彼は無力感で木陰で泣いたそうです。

この話を聞いて、僕は彼の行動に「共感」を隠せませんでした。
自殺ではなく、「無力感で泣いた」という点と「そうした写真ばかりが喜ばれることに疑問を抱いていた」点にです。そして、非難の嵐に精神を病んだ部分にも同情を隠せません。

共感したから、こうやってブログも書いているし、今度彼にあった悲劇が起きないように努めていこうと考えています。



「そうした写真ばかりが喜ばれること」。



さて、カーター氏の言葉が意味するのはなんでしょうか。
「関心」の集まるのが、悲劇的な写真だけということでしょうか。
カーター氏が伝えたいのは、写真そのものだけでなく、その奥にある問題なのではないでしょうか。もしくは彼自身の問いを写真に投影させている。
けれども、実際に注目されるのは、「少女が飢餓状態である」というその事実のみです。
だから、彼に「彼女をなぜ助けなかったのか」といった非難がくるのでしょう。
彼女が「飢餓状態に陥ったその環境」に問題があると気付く人は少数なのです。

「関心」を集めることは簡単です。知ることは出来ます。

「知って、考えて、行動する。」
そのことにもっとフォーカスを当てなければ、世界中の皆が関心を持っても、世界は変わらないのではないでしょうか。
知っているのと行動するのは別の段階なのです。


■どうしたら、「共感」を集められるか

共感を経験/発信の2つにフェーズが分けます。

「経験」:
1.今までの自分にとって、非日常であること
2.失敗/成功が折り混ざっていること
3.始まり、終わったものであること(途中は出来る限り無し。)
なので、普段の活動で共感を集めるのは難しいです。
イベントやフリーペーパーの発行などのプロジェクトベースならありかも。
スタディツアーとかは特に効果あると思っている。


「発信」:
1.WHO(自分のリアルな友達/ソーシャルグラフの友達に)
2.WHAT(自分の経験を)
3.WHEN(その経験と出来るだけ、タイムラグがないように)
4.HOW(twitter、mixi、facebookで広める)
本当にコレだけで良いと思います。
出来るだけ、インフルエンサーがやると効果がありますが。。。
上記のような経験を沢山つみ、発信を繰り返す事でインフルエンサーにはなれます。
たぶんw


こんなモノだと本当に思います。
ただ、「あれ、結構簡単じゃない?」と思えるような仕組みが欠けているのです。
多くの人の連鎖によって、大きな大きな流れへと変わって行くと思います。


ちなみに、僕はこれを今の会社のサービスとして作って行きます!(キリッ
楽しみにしててください。

いつもながら、中盤以降、雑になって申し訳ございません。
徐々に文章力をつけていきます。



(追記)

■「世界平和」とは人間のエゴなのか


「ハゲタカと少女」の写真に関するブログにこんなコメントがありました。


「万物の霊長である人間がなぜ、ハゲタカに食べられなければならないのでしょうか・・?」


この視点はどうでしょう。
例えば、僕がハゲタカのいる荒野で、水不足により死んだとします。
そして、ハゲタカに食べられるのは誰が悪いのでしょう。
ハゲタカが悪い、なんて意見は普通起きないと思います。
僕は誰も悪くないと思います。

上記の意見のように、ハゲタカを見下したような発言はいかがなものかと思います。
ヒトは確かに生物界において、頂点にいるようには思います。
あくまでそれは強さの強弱であり、存在の優劣ではないのです。

これは、本当に難しい問題ですよね。
「世界平和」ってなんだろう。



■参考になった本の紹介




起業生活vol.02 ビジョンとミッション

前回は、「登記申請」について書きました。

実務的なことなので、あまりウケは良くなかったみたいです(笑)
僕の記事でPVが伸びるのは、「起業生活vol.0」のような比較的、精神論よりの記事です(笑)


「なるほど。僕はやっぱり情熱大陸(あやたろう @ayatarou48 命名)系のエントリーがウケが良いんだ!」と一人納得してます(笑)


今回はご期待にお応えして、「ビジョン/ミッション」の話を(笑)


■ビジョン/ミッションってなに??

ビジョンとミッションの違いって意外と知らない方が多いので、簡単にまとめます。

・ビジョン:企業の将来像(=達成すべき目標)
・ミッション:企業の存在理由(=果たすべき目的)
だと考えています。

関係ないですが、就職活動にもこの考えは大切です。
会社のビジョン/ミッションを見る前に、自分のビジョン/ミッションを明文化してみてください。
「ビジョン:自分の将来像(こうありたい姿)」
「ミッション:自分の存在理由(ちょっと難しいですが、僕は「これを絶対にやりたい、それが使命だ」と思う事」
この2つを描く事が出来れば、企業の選定は楽チンでしょう。
ミッションは難しいかもしれませんが、「やりたい」ことをとにかく詰めて行けばいいのです。


■株式会社trippieaceのビジョン/ミッション

さて、話を戻して、株式会社trippieaceのビジョン/ミッションです。

それは、、、、、、、まだ決定していません(笑)
「ちょ、おま、偉そうに語ってるくせにw」とか言わないでください(笑)

まだまとまっていないです。
仮だと思ってご覧ください。

・ビジョン:「個人の価値観の多様化/社会の多様化を許容する文化の創造」に貢献したい。
という想いはあります。

多様な価値観とは、多様な経験の下に生まれ、その後の勉学やコミュニケーションによって醸成されていきます。細部までみれば、何一つ同じ事なんてないように思えます。
既存の社会構造では、機会に多様性がありません。
小学校〜大学生までで8割の人が大抵同じような経験で、「私なり」の経験がないのではないでしょうか。そして、2割は、一部を除いて生きにくい世の中になっていると思います。

・ミッション:個人が持つ可能性/社会が持つ可能性を最大限引き出す機会を提供すること

上述した問題提起のように、「私なり」の経験を作れる機会を提供したい。
僕であれば、NPOを作り、旅行代理店とツアーを企画して、起業する。
そんな生き方を出来ています。凄く楽しいです。
これは僕が優秀だから、とかではなく、本当にたまたま機会に恵まれたのです。
断言すると現時点では、僕の存在価値はまだまだ他の人で代替できます。
本当に。
もっと頑張らなくてはなりません。


■なんで、そんなコトを意識するかって?

僕の名前は、「言行(いあん)」です。
人と違うことがアイデンティティです。

「リクルートスーツなんか着ねえ、私服だ。」
この頑固さが、アイデンティティです。

確かに、こんなことを考えるのは変だからなのかもしれない。
でも、凝り固まった日本、日本は歳を取りすぎている。

それを解すには、もっと頭を柔らかくしないといけない。
就職活動=「スーツ」とステレオタイプ的に発想するのではなく、
もっと各々の視点から何を着るかすらも考えるようになると良いと思う。

これには思考方法という違った論点も含まれるのですが、
まずは各々の視点を持つようになることが大切だと考えています。


「みんな違ってみんないい!」(金子みすず)


では!

2011年4月23日土曜日

[国際協力] 【スタッフ募集】UFPFF 国際平和映像祭

国際協力 ML のみなさま


はじめまして。大学4年生の佐藤 淳(じゅん)と申します。
社会起業家の関根健次さんが主催している、
UFPFF 国際平和映像祭というプロジェクトのスタッフ募集の
告知です。

関わっている人やプロジェクトの規模をみるとトンデモな感じです。
とは言っても今回の募集はスキルや実績とかじゃなくて、
やりたい!っていう想いを持った人を求めています。

まずは以下の告知文を見てください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

United People株式会社主催 UFPFF 国際平和映像祭 スタッフ募集!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

映像で、世界を変える。

 

UFPFF(United For Peace Film Festival) 国際平和映像祭は

映像を媒体として世界中の人が平和を考え、

そのもとにひとつになってほしいという想いから、動きだしました。

 

映像にはチカラがあります。
映像を観ると、行ったことがない場所に行った気になれる
人の想像力を豊かにし、どんな人でも
泣いて、笑えて、感動させられる。ココロを揺さぶられ、

人生さえ変えてしまう。

 

この想いをもとに、一緒にメインの3つのイベントを主催する仲間を、

私たちは募集します。

募集フォーム:http://p.tl/ag2l

 

UFPFFとは

国連によって定められた921日『ピースデイ(国際平和の日)』。

UFPFFは学生を対象とした、平和とサステナブル、そして「絆」をテーマにした

3分程度の映像のコンペディションを行います。

受賞者には、賞品として世界一周をプレゼント!!(H.I.S・ピースボート)

 

 

■国際平和映像祭 公式HP twitterアカウント

http://www.ufpff.com/

@UFPFF

 

 

■主催イベント

1、911 :オープニングイベント@みなとみらい

2、9.11~9.21(10日間)47都道府県での上映会

3、921日: 審査会(映像祭当日です)@横浜ブリッツ

 

 

■スタッフ活動内容

現在は関根健次とプロボラ20数名・学生ボランティア数名で運営していて、

今回は新たにコアで活動する運営委員会を発足するための募集と考えてください。

以下の募集フォームに記入してください!

募集フォーム:http://p.tl/ag2l

 

□仕事内容

メインは、上記の3つのメインイベントを主催することです。

なので例えば、イベント企画と運営、広報、営業、会計、HP運営など

※組織でリーダー経験ある方歓迎!

 

それ以外にも、

・作品エントリー者内をつなげるためのイベント開催

・来年の海外での第2回UFPFF開催のための準備

⇒審査会が海外だと言うことで、日本でも毎年上映会はします。

 

□求める人材

・6カ月コミットし続けられる、責任感を持っている。

・将来自分も社会へのイノベーションを起こしたいと考えている。

・週1回か2週間に1回のミーティング(東京・横浜らへん)に来られる。

UFPFFで何をしたいか、何ができるかがはっきり持っている。

地元でUFPFFのイベントを起こしたいと思う。 

 


□関東以外の方へ

今回は関東の運営委員会のスタッフ募集ですが、

9.11~9.21での47都道府県上映会では全国各地にいる人たちが主体となります。

その各地の実行委員や自主上映会をしたいという方は別途募集いたします。

その際の情報を見落とさないよう、twitterへのフォローなど

お願いいたします。

 

 

■お問い合わせ

UFPFF (United For Peace Film Festival)

ボランティア担当 リーダー

佐藤 淳(Sato Jun)

PCmails_e_enganakutemo@yahoo.co.jp

HPhttp://www.ufpff.com

--
このメールは次の Google グループの参加者に送られています: 国際協力メーリス
facebookページ http://www.facebook.com/kokusaikyouryoku
このグループにメールで投稿: kokusaikyouryoku@googlegroups.com
このグループから退会する: kokusaikyouryoku+unsubscribe@googlegroups.com
その他のオプションについては、次の URL からグループにアクセスしてくださ
い。 http://bit.ly/agmHx5
 
アーカイブはコチラ ⇒ http://www.ishidaian.blogspot.com/

zenback

\