2011年4月20日水曜日

[国際協力] ボツワナから日本へメッセージ。

メーリス所属の皆さま

お世話になっております.
早稲田大学政治経済学部3年の永島です.

今回は告知です.
昨年7月より留学しているボツワナ大学にて,3月11日に発生した東日本大震災の被災者に向けたメッセージと写真を集める活動 "MINUTE" DONATION for JAPAN を行いました.
3月21日〜31日の期間中に,ボツワナ大学の学生と教職員に授業の移動中などでも「1分」の寄付をお願いしてメッセージを書いてもらい,差し支 えのない範囲でメッセージを持って写真を撮らせてもらい,英語で書かれたメッセージの日本語訳をつけました.

ぜひ,ご覧いただき,地震の影響を受けた人たち,一人でも多くの人にメッセージが伝わればと思います.


こちらはfacebook上のページとなっており,コメントの投稿にはアカウントが必要となりますが,閲覧はどなたでも可能です.
また,facebookという既存のサービスから独立したウェブサイトもただいま準備中であり,そちらも完成次第またお伝えしたいと思います.

今後の活動として,東北地方の地方紙(新聞)の掲載や,避難所・仮設住宅等にボツワナの人たちが手で書いたメッセージそのものを届け,逆に被災地 のリアルを伝えていく,といったことを考えています.

日本の人たちが一般的にはあまり意識することがなく,支援や国際協力の活動の対象として多くあげられる,アフリカ.
その中でも,語弊を恐れずに言えば,日本にとってはマイナーともとらえられるボツワナという国で,BBCやCNN,YOUTUBE等を通して震災 被害を知り,日本という一生見ることもないであろうはるかかなたにいる人たちを心配し,応援しているという事実を,このイニシアチブでは伝えよう としています.

みなさんの "like" (イイネ!)のクリックが,このメッセージ一つ一つが被災者に届く可能性を拡大します.

長文失礼しました.
どうぞ,よろしくお願いします.

zenback

\