2011年4月24日日曜日

起業生活vol.02 ビジョンとミッション

前回は、「登記申請」について書きました。

実務的なことなので、あまりウケは良くなかったみたいです(笑)
僕の記事でPVが伸びるのは、「起業生活vol.0」のような比較的、精神論よりの記事です(笑)


「なるほど。僕はやっぱり情熱大陸(あやたろう @ayatarou48 命名)系のエントリーがウケが良いんだ!」と一人納得してます(笑)


今回はご期待にお応えして、「ビジョン/ミッション」の話を(笑)


■ビジョン/ミッションってなに??

ビジョンとミッションの違いって意外と知らない方が多いので、簡単にまとめます。

・ビジョン:企業の将来像(=達成すべき目標)
・ミッション:企業の存在理由(=果たすべき目的)
だと考えています。

関係ないですが、就職活動にもこの考えは大切です。
会社のビジョン/ミッションを見る前に、自分のビジョン/ミッションを明文化してみてください。
「ビジョン:自分の将来像(こうありたい姿)」
「ミッション:自分の存在理由(ちょっと難しいですが、僕は「これを絶対にやりたい、それが使命だ」と思う事」
この2つを描く事が出来れば、企業の選定は楽チンでしょう。
ミッションは難しいかもしれませんが、「やりたい」ことをとにかく詰めて行けばいいのです。


■株式会社trippieaceのビジョン/ミッション

さて、話を戻して、株式会社trippieaceのビジョン/ミッションです。

それは、、、、、、、まだ決定していません(笑)
「ちょ、おま、偉そうに語ってるくせにw」とか言わないでください(笑)

まだまとまっていないです。
仮だと思ってご覧ください。

・ビジョン:「個人の価値観の多様化/社会の多様化を許容する文化の創造」に貢献したい。
という想いはあります。

多様な価値観とは、多様な経験の下に生まれ、その後の勉学やコミュニケーションによって醸成されていきます。細部までみれば、何一つ同じ事なんてないように思えます。
既存の社会構造では、機会に多様性がありません。
小学校〜大学生までで8割の人が大抵同じような経験で、「私なり」の経験がないのではないでしょうか。そして、2割は、一部を除いて生きにくい世の中になっていると思います。

・ミッション:個人が持つ可能性/社会が持つ可能性を最大限引き出す機会を提供すること

上述した問題提起のように、「私なり」の経験を作れる機会を提供したい。
僕であれば、NPOを作り、旅行代理店とツアーを企画して、起業する。
そんな生き方を出来ています。凄く楽しいです。
これは僕が優秀だから、とかではなく、本当にたまたま機会に恵まれたのです。
断言すると現時点では、僕の存在価値はまだまだ他の人で代替できます。
本当に。
もっと頑張らなくてはなりません。


■なんで、そんなコトを意識するかって?

僕の名前は、「言行(いあん)」です。
人と違うことがアイデンティティです。

「リクルートスーツなんか着ねえ、私服だ。」
この頑固さが、アイデンティティです。

確かに、こんなことを考えるのは変だからなのかもしれない。
でも、凝り固まった日本、日本は歳を取りすぎている。

それを解すには、もっと頭を柔らかくしないといけない。
就職活動=「スーツ」とステレオタイプ的に発想するのではなく、
もっと各々の視点から何を着るかすらも考えるようになると良いと思う。

これには思考方法という違った論点も含まれるのですが、
まずは各々の視点を持つようになることが大切だと考えています。


「みんな違ってみんないい!」(金子みすず)


では!

zenback

\