2011年6月1日水曜日

起業生活vol.06 「スタートアップ」

「トップというのは、誰よりも賢いことが必要とされる訳ではない。例えば、濁流に足を踏み入れないといけないとして、一番に足を踏み入れて、さらにそこにある困難(水が熱湯、蛭だらけとか)を背中に出さない。大丈夫だぜ!って、いう背中をつくれる人だと思う。」
                              (DeNA 南場智子) 


スタートアップも同じで、次々に訪れる苦難に立ち向かう勇気と意思を、自分の核に秘めているかどうか。そして、多少の頭があれば何とかなると思う。もちろん、誰よりも努力することはマストだけど。

※基本的にネット起業のことを意味しています。


最初に必要な3つモノ

1. 意志

2. チーム

3. お金

スタートアップに難しいものはいらない。


まず「意志」。

何でもいいけど、「これに矛盾を感じる!」、「世界をこうしたい!」、「彼らのために、これを創りたい!」。強い意志だけが、己を突き動かし、周囲に目を向かせるものとなる。


そして、「チーム」。

起業は1人では無理だ。天才プログラマなら、サービス自体は創れるし大きく出来るかもしれない。が、サービスに必要なのはそれだけじゃない。ユーザーが使いやすいサービスを設計するデザイン。サービスを広める広報。サービスを拡大する営業。契約関連や会計。色々必要だ。

その中でも、「ハッカー」、「デザイナー」、「ハスラー」の3つの役割が重要とされている。

※無敵のスタートアップチームの構成とは?


最後に、「お金」

あーやっぱ、お金が必要なのか。と落胆する必要はない。

登記費用25万円+必要最低限の生活費があれば何とかなる。

3人での起業なら、まず8万ずつ出し合う。向こう半年分の必要な生活費を貯蓄すれば何とかなる。

「いかに、お金を使わないか」が大切だというアドバイスを、僕は耳が痛くなるくらい聞いている。

今であれば、open network lab や スタートアップ向けのインキュベート(ネットエイジ、samurai found、アーキタイプ)などもある。


スタートアップの現状


今、スタートアップが熱い。と思う。

バブルだと思う(笑)

KDDIがスタートアップ支援始めたり、ECナビなどのベンチャーも支援を始めている。

日本全体がスタートアップを求めていると思う。

3.11以降もあまり良いニュースがない。

この日本全体が何かに束縛され、前に進めない現状を打破してくれと頼まれているように聞こえる。(大げさ?笑)

とにかく、イノベーションが求められている。恐れないで、突っ走ろうぜ。


もちろん100人がいたら100人に起業しろ、って言っている訳じゃない。

内に眠れる獅子がいるなら、今こそ目を覚ます時だと思う。ってこと。


最後に


情けないことに最近ちょっとスピードが遅かったように思う。

我武者羅しか取り柄がないのに。

とにかく、やり切る。

trippieceはプログラマーとデザイナーを募集しています。

旅や、わくわくする体験。それを軸に国籍関係なく人が繋がっていく。

そんなサービスを創っていますので、興味がある人がいれば是非。


それでは。

zenback

\