2011年6月21日火曜日

「アイデア×ロジック」

最近あった反省を。



「アイデア×ロジック」


アイデアに引っ張られすぎて、ロジックを見失っているケースがよくある。「このサービスは、こんなに良いんです!こんなに安くなるんです!」ってサービスの強みを語っているんだけど、それは実は顧客にとってのGOOD!!じゃないようなパターンのこと。

それが何故起こるかというと、サービスの表面的で明確な部分にしか目が向いていない。しっかり、ユーザーの声(=ニーズ)を反映したヒヤリングやインタビュー、アンケートの結果などをバックグラウンドに置いていない。

シンプルにサービスの魅力を語るのは凄く大切なんだけど、
1.ユーザーの声(=ニーズ)を代弁しているか
2.サービスの本質的価値が、それを充足するか(+なぜするか)
コレこそが全てであり、それをシンプルに説明できないと本末転倒する。

アイデアの新規性や斬新さ、面白さ。一見するとキラキラしていて、魅力的なものに映る。それが表面的な価値を提供出来て、少しのワオ!はあるかもしれない。でも、それは時間と共に風化するだろう。

アイデアはどんどん変容し、発展する。どんどん表面上は可愛くなる。でも、可愛くても性格が良くないとモテないのだ。格好良くても、性格が悪かったらダメなのだ。


逆にロジックだけでもつまらないんだけどね。わくわくしなくて、人を惹きつけるものがない。人は合理性だけでは動かないから、表面上にも魅力がないといけない。

アイデア×ロジック。
これを両輪として捉え、絶えず忘れずにいるように自戒したい。
特に「ニーズを分けていく」という作業でロジックに基づいていないと取り返しのつかないことになる。うむ。


がんばろー。



最近、web媒体に取り上げられる機会も増えてきました。嬉しいです、すごく。感謝の限りです。
でも、嬉しいとは思いつつも、一喜一憂しません。(ちょっと矛盾?笑)
結果を残さないと。


僕は仲間に助けてもらってばっかりです。みんなが応援してくれて、RTとかイイね!とかしてくれるから上手くいくんです。
感謝の気持ちを伝えるのはきちんと結果を出すこと。そして、応援を支えに、道を切り開くことを使命とすることで期待にそえればと思っています。


ルフィになりたい....!!笑

zenback

\