2011年7月7日木曜日

好きな言葉たち

僕の座右の銘とも言える言葉たち。


「前進なくして進歩なし。命をかければなんでもできる」

父から生後6日くらいに書かれていた手紙の中にありました。
暑苦しいなぁ。と思いつつ、「ツラい.....。」的に僕を奮い立たせてくれます。



「選択の良し悪しは、選択後の努力によって決定される。」

受験時代の恩師が残してくれた言葉。
受験に失敗した後に、この言葉があったから頑張れた。今も、一つひとつの選択に悩むより、その後の努力を重視して活動しています。



『できるかできないか』、ではなく、『やるかやらないか』である。

ECナビのインターン「frontier」で耳が痛くなるくらい聞いた言葉。
挑戦しても失敗するかもしれない。けど、成功した人はみんな挑戦している。



「我ん張れ!!」

これも受験時代に恩師から頂いた言葉。
受験を耐え抜くのは、「我」なんだと教えてくれた。



「人生を賭けるに値するのは、夢だけだと思いませんか?」

何かの漫画で。
夢に生きているから、今を実感出来る。




「練習は嘘をつかない」

母校、日大三高野球部の座右の銘だった。
休み無く練習に没頭していた野球部。甲子園のてっぺんだけを目指して。
「あいつらより頑張っているか?」は、自分を奮い立たせるマジックワード。



そんな感じですね。

僕も結構凹んだりします。
でも、負けるわけにはいかない。勝たなきゃ行けない理由がある。

その一つ一つがこの言葉たちだったりします。確かに、僕の杖となって支えてくれているような。

頑張るのだ。

zenback

\