2011年8月27日土曜日

大学生活に大切な5つのコト

 最近、ほんの少しずつだけどイベントの出演依頼がくるようになって嬉しい。基本的には学生であれば、無償で顔出します。trippiece的にもうれしいので(笑)そこで良く聞かれるのが、「大学生活を充実させるために必要なことはなんですか?」というコト。高校生活と比較したら確かに充実していたように思えるし、そうでもないようにも思える。完全に主観ですが、偉そうにツラツラと記そうと思う。

 大学生活とは、基本的に4年制の大学で学び、何かを得て将来のために活かしていくということと定義している。まず、大学生活を簡単に振り返ると、大学に入ってAIESECという学生団体にまず入った。3ヶ月もいなかったけど、学生生活の基本的な考え方はここで学んだ気もする。そして、同じようにAIESECを辞めた、早稲田大学の学生を中心にNPO法人うのあんいっちを立ち上げた。うのあんいっちでイベントやフリーペーパー、ツアー企画など様々なことを体験した。学生団体で出来る経験というものはひと通り出来たんじゃないかって豪語出来るくらいには活動に時間を費やしていたと思う。うのあんいっちの活動中に、ちょくちょくビジネスに手を染め始めて、引退のタイミングで次やることをtrippieceに決めていた。


 それを踏まえて、大学生活に大切な5つのコトとしてまとめたい。多分当たり前だし、何も面白くない。「分かってるよ、そんなの。」って言われるくらい単純なものだ。だから逆に追い詰めるのが難しいのかなとも思う。当たり前って難しいんだよね。


1.夢を決めるコト
『夢』を決めるコト。夢は目的・目標すべての親だ。夢が目的・目標という子を生む。とりあえずは何だって良いと思う。日本復興でも、地元活性化でも、億万長者でも、世界で一番のグルメ家になることでも、いい奥さんを見つけて一軒家に2人の子どもと1匹の犬でも。とにかく目の前に取り組んでいることをwhyで問い詰めていった先に、その夢が出てくるならばそれは正しい道だと思う。生きがいとして、道しるべとして、『夢』を持とう。

2.実行するコト
夢が逃げることはほとんどない、親が最後まで子を守るように。ほとんどね(苦笑)一度選択をしたら、それを正解に帰結させないと成長には夢への一歩は得られない。だから、必死に行動する。ここでの実行とは、例えばアイデアを実現させたり、人に会ったり、イベントを開催してみたり。とにかく夢に近づくための選択肢に妥協せず、全てを成功させることだ。

3.考えるコト
夢は大抵甘くない。優しさとは厳しさというように、夢が手を差し伸ばして助けてくれることはない。だから僕たちはその困難に直面して、どうしたら解決出来るかを頭を全力で回転させて考える必要がある。みんなの良く知っているヒーローも困難に直面した時に考え、思い立ち、実行していたと思う。同じかそれ以上に、考え抜くことが大切だ。

4.学習するコト
失敗と成功の割合は9:1なんじゃないかってくらいに失敗をしてきた。それは本業だけでなく、組織の問題だったり、お金の問題だったりもする。単純に自分のスキルが足りないことも。「何かが足りない」となげている暇があるなら、気づき学習することだ。足りないことに気づいて学習でなんとかなるならすぐにすべきだと思う。知識だけでない、経験といった暗黙知も含む。後は実行力や出会いが補完してくれる。

5.出会うコト
大切な異性もそうだが、夢をともに出来るパートナー、同志に何より出会うと良い。次に良いのはそれを語り合える親友だ。運命や必然の中でも出会いというのは大きくウェートを占める。今、あなたがどんな人と一緒にいるか?は、その10年後を決定づけるとすら思える。良き同志を見つけることは非常に大切だ。


 僕は高校時代、大きな失敗を2度している。バドミントンを辞めたこと、大学受験の失敗だ。前者は「祖父や父に追いつきたいのに、学校が弱かったから。」というくだらない理由で辞めた。環境が僕を変えてくれると祈願していた。そんなことななかった。環境は自分で創っていくものだって気づけなかった。そして、大学受験に失敗している。努力不足や頭の良さも関係するが、単純に燃え切れなかった。勉強するのに、「大学合格」だけを目的化すればシンプルでいいんだろうけど僕は出来なかった。結果、敗北した。

 他にも沢山の挫折をしている。イジメをはじめ沢山の苦しい想いも体験している。それでもこうやって前を向いて、自分の非力さに向き合っていられるのは夢があるからだ。夢を達成するために、というパッションが僕を支えているのだ。なんて、本当に当たり前のことですが難しいと思う。それには覚悟もお金も時間も必要だからね。でも、これを貫ければ将来に活かせる。つまり、こうまとめたくはないけど就職活動だって何とかなる。問題意識と、裏付ける知識と結果があれば、説得力はずば抜けるから。夢を見つけ、目標を設定し、どうすればいいのかを考え、学習・実行する。同志とともに。それを繰り返す。ひたすら。僕も自戒して、日々精進しく。僕はバカだからただ愚直に。




 trippiece的にも学生の前で喋る機会はありがたいので、ご出演のご依頼は大歓迎です!笑 facebooktwitterまでご連絡をください!


P.S.
シリコンバレー合宿は2日目です。今日はメンバーが揃い、大ディスカッションをしました。デザインやUIを大幅にこの合宿で変えていきそう。こうやった自分売って、タレント気取るだけでなくて、プロダクトでその夢や世界観を語っていきたい。(これに関しては、このブログをごらんください。)ああ、頑張らないと。でも、プロダクトの改善の他に、9月・10月はガンガン営業もかけて、そして新しいプロジェクトも始めていきますー!ご期待ください。


良ければLIKEしてください!
trippieceのfacebookページです!

 

zenback

\