2011年8月29日月曜日

シリコンバレー2〜3日目



皆さま、ご機嫌よう。trippieceの石田です。だいぶこっちの生活も慣れてきて、3日目は旅系ベンチャーらしくGLODEN GATE PARKという国立公園までお散歩してきたのでそのレポートをちょっこっと。

と、その前にうちのメンバーの紹介をします!今回は4人でいっていて、それぞれ役割はCEO、CTO、マネージャー、デザイナーです。平均年齢は21歳というなかなか若いスタートアップです。


(左から、黄王、横山、鈴木)
自分のカメラなので、自分の写真はありません(笑)


今回行ってきたのは、サンフランシスコにあるGolden gate parkまで行ってきて、de youngという現代美術館に足を運びました。



Golden parkは縦に5キロ、横に1キロくらいの大きな国立公園です。電車とバスで向かったのですが案の定さまよい、3時間の予定だった散歩は6時間の散歩になりました(笑)ピカソ展をやっていたのですが、チケットが売り切れ見ることは出来ず…。残念。アメリカや南米の現代美術から、ネイティブアメリカンの美術をみてきました。

人や動物を模した造形物、神を模したマスクなどは、どこの国でも同じように創造されているのだなぁ。根源的な神秘というのは実は共有していて、現代になるにつれてそれは哲学や美術、宗教として発展してきたのだろうかなんて想いを巡らせました。うちのデザイナーが、「芸術(アート)は問題提起で、デザインは問題解決だ。」と言っていて、なるほどなぁと。ある意味で、プロダクトとは僕の問題提起そのもので、サービスとして機能することで問題解決になる。webサービスとは現代美術そのものなのかもなぁとその共通項を探りましたが、よく分かりませんでした(笑)アートとは何か、難問ですね。

また、僕が絵画や彫像をカメラにおさめようと、「どうすればうまく撮れるの?(僕はカメラ歴3日、デザイナーは3年)」と聞くと、「アートは、カメラに収めるのが難しいですからねぇ。アートと対峙した時の空気感が大切です。」と教えてくれました。データでない限り、対象すべてをデータに分解して持ってくることは出来ないという当たり前のことに、少し忘れがちだなぁと自戒する発言でした。

僕は大学2年からパソコンを持ち始めて、それまでは自然で遊ぶことが大好きなどちらかと言えばアナログ派の人間です。ネットゲームより、海で泳ぐほうが100倍楽しい。(アートは言うほど分からなかったけど…笑)つまり、web×tripというオンラインとオフラインを融合させるサービスを創るにあたり、「オフラインを楽しむ」ということは忘れずにやっていきたい。次は、google見学が待っています。楽しみ。


以下は、写真集。


<アメリカンピッツア!>


うーん、大きい!直径18インチのピザを2枚、6人で食べました。1人3枚も食べれば満腹で、夜食へと消えていきました…。

<街並み>



サンフランシスコの街並みは、坂が多く、道を境にズラーッと家々がカラフルに立ち並んでいるのが印象的です。道にはズラーッと車が整理されて駐車されていて、逆に美しいくらいです(笑)



Golden gate park前の公園。この公園も十分に広く、そして樹木は以上に大きかった(笑)




スーパーの果物とお肉。どちらもバリエーション豊富で安い。物価は全体的に日本の3/4くらいな印象。外食は変わらないくらいだけど、外食しなければ食も安い。コーラは2リットルで120円だし、鶏肉は1キロで400円くらいだった。




サンフランシスコにはzip carがアチラコチラに。zip carは利用時間単位で車を借りることが出来るカーシェアリングサービスです。みんなで車を所有して、必要な時だけ乗る。というコンセプトは、trippieceの「みんなで旅行をシェアして、好きな旅に好きな人と行く」というものに似てなくもない。誰かと何かを共有することで生まれる付加価値は無限大だと僕は持っています。凄く便利なサービスです。





え、遊んでばかりでコーディングは進んでいるのか?って。もちろんです!そこは、きちんとメンバー全力を挙げて討論して改善にあたっています。集中する時は異常なまでの集中力を発揮して、頑張ります。


trippieceのLIKE&フォローをお願いします!
facebookページ
twitter

zenback

\